ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

訴えられる危険のあるクレームでのNG行為とは

商品やサービスに欠陥・不具合があればクレームを入れるのは当然です。相手の主張が理不尽であれば、感情的にもなるでしょう。しかし、激昂のあまり必要以上に威嚇したり、多額な金品の要求を行ってしまうと、違法行為とみなされるのも事実。訴えられる危険のあるクレームでのNG行為を頭に叩き込みましょう。


スポンサーリンク
訴えられる危険のあるクレームでのNG行為とは

クレームで金銭を要求すると恐喝罪

店内などで「大声で怒鳴る」のは威力業務妨害罪になります。最大3年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。また、Twitterなどでデタラメな情報を書き込んで業務を妨害すれば、偽計業務妨害罪となることもあります。事実認識の合意が得られるまでは、SNSへの不用意な書き込みは避けましょう。

正当な理由もなく他人の住居、会社、店舗などで「居座る」のは不退去罪。最大3年以下の懲役又は10万円以下の罰金です。料理を出す順番に立腹し、ラーメン店に3時間居座った客が逮捕されたケースもあります。なお、不法侵入で居座った場合は、不退去罪ではなく住居侵入罪です。

クレームと最も関係が深いのが金銭を要求する恐喝罪。最大10年以下の懲役です。事実関係の調査もないうちからいきなり「ケガしたから治療費を払え」と要求することで成立。「治療費はどうなるんですか?」など丁寧に質問しましょう。

クレームで被害の水増しは詐欺罪

「殺すぞ」と脅すのは脅迫罪。最大2年以下の懲役又は30万円以下の罰金になります。恐喝罪との違いは金銭の要求ではなく、相手(本人もしくは親族)の生命や自由や名誉や財産を奪うぞといって(=害悪の告知)脅すことです。「ネットに晒してやる」もアウト。直接であれ電話口であれ成立します。

「土下座して謝れ」は強要罪。最大3年以下の懲役です。コンビニ店員に不当なクレームをして土下座を強要し、その様子をTwitterに投稿した男女4人が逮捕されています。必要のないことを相手に強制すると強要罪。彼らは、タバコを騙し取るなどもしたため、恐喝容疑となりました。

「ケーキに髪の毛が入っていた」「商品が壊れていた」などとウソの苦情を入れ、現金や商品を騙し取ると詐欺罪。最大10年以下の懲役になります。クレームの大筋が正しくても、被害を不当に水増しして補償を要求すればやはり詐欺罪です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事