ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

家電アウトレットの未使用開封品はどんな意味?

ひと口に家電アウトレットといっても、売られている商品にはいくつかの種類があります。「新品・未使用開封品・展示品」などです。覚えておきたい家電アウトレット品の違いを紹介しましょう。また、デリバティブモデルについても解説しています。



スポンサーリンク
家電アウトレットの未使用開封品はどんな意味?

家電アウトレットの未使用開封品とは

家電アウトレットで売られて商品には、大きく3つあります。まず「新品」は、展示もされず、倉庫などで在庫として売れ残ってしまった商品です。型落ち製品の場合が多いでしょう。

続いて「未使用開封品」とは、包装用の箱が破損してしまったなどで、未使用にも関わらずメーカーが返品処理をしたものです。商品は新品同様になります。

最後の「展示品」は、店舗でモニター用などとして展示されていた商品です。割引き率は高いですが、傷や汚れなどが目立つものも多いのが難点です。

デリバティブモデルはネット価格対策

ところで、同じデザイン、同じ機能なのに品番が違う家電があるのをご存知ですか? これは、メーカーが大手家電量販店に納入するために作った専用モデル「デリバティブモデル」といいます。

最安値を調べようとネットに品番を打ち込んでも、家電量販店での割高な店頭価格しか出てきません。いわば他店対抗価格保証を行っている販売店の「ネット価格対策」ともいえます。

目当ての商品がデリバティブモデルだと判明した場合は、同等機能商品の「オリジナルモデル」の品番を探し出すことが重要。そのオリジナルモデルのネット最安値を調べて購入することで、価格はかなり抑えられるのです。この情報は『ラジオライフ』2015年8月号に掲載されていました。(文/加藤カジカ)

■「家電アウトレット」おすすめ記事
家電アウトレットのメリットとデメリットとは?
ビックカメラとヨドバシの家電アウトレット比較
家電をアウトレット通販するならここにアクセス
家電アウトレットの未使用開封品はどんな意味?

■「家電」おすすめ記事
家電の価格は値切りのマジックワードで交渉する
家電量販店で値引き交渉不可の商品を知っておく
家電量販店で購入するメリットを忘るべからず

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事