ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

家電の「隠しコマンド」でブザーや操作音を消す

日々の生活をサポートしてくれるキッチン家電には、隠しコマンドが搭載されている場合があります。故障個所を自動診断したり、煩わしい機能をオフにしたり、管理用のモードを呼び起したりして、さらなる快適性を手に入れることができるのです。キッチン家電の隠しコマンドで一歩進んだ家電ライフを送りましょう。


家電の「隠しコマンド」でブザーや操作音を消す

家電の隠しコマンドでブザー音を消す

食生活を支えるキッチン家電にも隠しコマンドが存在します。なお、デモモードの解除や操作音・終了音を消音化するコマンドは、ブランド内で共通していることが多いようです。

パナソニックの電子レンジ「NE-E22A1」の操作音・ブザー音を消す隠しコマンドは「取消」ボタンの2秒押しを3回繰り返すというもの。取り出し忘れ防止ブザーや操作音が煩わしいと感じるなら、家電の隠しコマンドで消音しましょう。

このほか、各メーカーのキッチン家電には消音できる隠しコマンドがあります。日立の電子レンジは、ドアを開閉して「0」を表示させて「温度/仕上がり」ボタンを3秒間押すというのが消音の隠しコマンドです。

シャープの冷蔵庫は「冷蔵室」と「冷凍室」ボタンを同時に長押しするのが隠しコマンド。消音は2日間有効です。アイリスオーヤマの電子レンジの隠しコマンドは表示部に「0」を表示させ、「とりけし」ボタンを3秒以上長押しします。

家電の隠しコマンドで冷蔵庫を微調整

このほか、家電の機能がアップする隠しコマンドもあります。日立の冷蔵庫「R-C5200」の冷蔵・冷凍の温度調整は弱・中・強の3段階のみですが、隠しコマンドで9段階での調整が可能。冷凍室下段のドアを開けたら「冷凍」ボタンを長押しするのが隠しコマンドです。

「ピー」と音が鳴ったら冷凍室のドアを閉めます。弱・弱中・中・中強・強のランプ表示と、点灯・点滅表示を組み合わせて9段階に表示分けされるため、3倍細かく設定可能になるのです。

さらには、故障個所を自動診断する家電の隠しコマンドもあります。ノーリツの給湯パネル「RC-7607M」の隠しコマンドは、温度の上下ボタンを同時に長押しするというもの。隠しコマンドで診断モードに入ると「91」と表示され、その直後に表示された数字が最新のエラーコードとなります。

さらに上ボタンを押すと「92」「93」となり、過去のエラーコードを遡って表示することが可能。なお「3」は停電、「111」は給湯側の点火エラー、「760」は燃焼制御回路の不備などです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事