ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

エアーバンドがデジタル化されることがない理由

エアーバンドとは航空無線のこと。おもしろ無線の受信ジャンルの王道です。おもしろ無線はいま、消防無線など多くのジャンルでデジタル化が進行中。しかし、エアーバンドはデジタル化されることはありません。そこには、エアーバンドならではの電波の特性があるからです。


スポンサーリンク
エアーバンドがデジタル化されることがない理由

エアーバンドはAMモードが好都合

おもしろ無線の中で唯一、AMモードを使うエアーバンド。それはなぜでしょうか? おもしろ無線の主流派、FMモードの特性は同じ周波数に弱い電波と強い電波が存在すると、弱い電波は打ち消されて聞こえません。

この現象は、同じ周波数が近隣に割り当てられるおもしろ無線では、混信防止として機能するのです。対してAMモードは、弱い電波も打ち消されることなく、強い電波と一緒に受信できます。

AMモードは明瞭な音声の後ろに小さな音声が聞こえるのです。この特性は、エアーバンドには好都合。遠方からの弱い電波による緊急連絡が、他の交信にかき消されて聞き逃す心配がないからです。

エアーバンドは世界共通のシステム

こうした電波の特性が、エアーバンドがデジタル化されることがない理由。エアーバンドの周波数の不足は、現在の25kHzステップを1/3にした、8.33kHzステップにすることで対応します。

とはいえ、エアーバンドは世界共通の無線システム。世界各国が足並みを揃えるのは極めて困難です。8.33kHzステップが運用を始めるのも、10年以上先になるといわれています。

エアーバンドは空港に行かなくても、電波が強いため広範囲で受信できます。ただし、受信ジャンルとしては難易度は高め。交信が英語で行われる、周波数が変更されるといった点が理解を難しくしています。

■「エアーバンド」おすすめ記事
VHF帯エアーバンドにデジ簡登録局用アンテナ
エアーバンドから聞こえてくる消防活動とは?
エアーバンドも聞けるELPAブランド最上位機種
エアーバンドも聞けるBCLラジオER-C57WZR
エアーバンドで航空路上の雲や気流の情報を知る
航空無線は周波数は空港や航空路ごとに割り当て
航空無線の周波数を切り替えながら航空機は離陸
戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。