ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

エアーバンドも聞けるELPAブランド最上位機種

小型ラジオながらエアーバンドも聞けるのが、ELPAブランド最上位機種の中華ラジオ。AM/FMラジオ放送だけではなく、長波帯、短波帯もカバーする広い受信周波数が魅力です。さっそく、ELPAブランド小型ラジオの最上位機種について、詳しくチェックしていきましょう。



スポンサーリンク
エアーバンドも聞けるELPAブランド最上位機種

ELPAラジオはエアーバンドもカバー

中華ラジオをELPAブランドで販売する日本のメーカー、朝日電器の最上位モデルが「ER-C57WR」です。とはいえ実勢価格は5,100円。今回ピックアップした機種の中で1番小さいサイズになります。

それでいてAM/FMラジオ放送だけではなく、長波帯、短波帯、なんと118.000~137.000MHzのエアーバンドまでカバーしています。携帯用BCLラジオとして使うのにピッタリのサイズと受信周波数範囲です。

ELPAブランド最上位機種は、DSPラジオのスペックからすると、どうやらREDSUN社からOEM提供を受けていると見られます。

アメリカではC.Crane社より「CC Skywave」という名称で、オーストラリアではDigitech社より「AR-1733」の名称で、兄弟機が世界中で発売。となれば改造して遠距離受信を楽しむマニアが世界中から出てくるワケです。

ELPAラジオの短波帯受信性能は?

ELPAブランドのお手ごろラジオ「ER-C56F」と同様に、テンキーとダイヤル、アップダウンボタンでのチューニングができます。2300~26100kHzの短波帯では「STEP」ボタンを押すことで、短波帯内でのバンド送りが可能。周波数を大きく変える時には重宝します。

AM選択度は2段階の切り替えが可能で、小型機ですが短波受信向けの機能も搭載しています。とはいえ、外部アンテナ端子はなく、ロッドアンテナも短いので短波帯の受信性能はそれなりです。

腕に覚えのあるマニアなら外部アンテナ端子を自作してみるのもいいでしょう。実勢価格が5,100円なので、改造を楽しむベース機として捉えれば、また違った評価ができるELPAラジオです。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「ELPA」おすすめ記事
ELPAブランドのお手ごろ小型ラジオの性能は?

■「エアーバンド」おすすめ記事
VHF帯エアーバンドにデジ簡登録局用アンテナ
エアーバンドから聞こえてくる消防活動とは?
航空無線は周波数は空港や航空路ごとに割り当て
航空無線の周波数を切り替えながら航空機は離陸
戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事