ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新幹線のリモートワーク向けのサービスまとめ

一昨年から続く新型コロナウイルス感染症の流行により、新幹線の乗客は大幅に減少。とくに平日のビジネス客が減ったことは大きく、JR各社は新幹線に乗ってもらうためのさまざまな対策を打ち出しています。そのひとつが新幹線車内でのリモートワーク向けサービスです。平日限定で快適に新幹線車内でリモートワークで仕事できるようになっています。


新幹線のリモートワーク向けのサービスまとめ

東海道新幹線リモートワーク向け車両

リモートワーク向けのサービスをいちはやくスタートしたのは東海道・山陽新幹線で、2021年10月1日から平日にN700系Sで運行するのぞみの7号車(普通車指定席)を「S Work席」に設定。新幹線の乗客向けに、リモートワーク向けのさまざまなサービスを提供しています。

新幹線のリモートワーク向け「S Work席」の予約は、Web予約サービスのスマートEX・エクスプレス予約(EX予約)限定となっており、みどりの窓口や指定席自動券売機で予約・購入はできません。また、スマートEX・EX予約の予約サイトやアプリでは、新幹線のリモートワーク向け座席が設定されている列車かどうかが確認可能です。

新幹線のリモートワーク向け座席の乗客向けには、東京駅~博多駅の全区間でWi-Fi容量の強化やビジネスコンテンツ配信を行う「S Wi-Fi for Biz」が提供されるほか、新横浜駅~京都駅間ではパソコン用のついたてやUSB充電器・マウスなどの無料貸し出しが行われます。なお、S Wi-Fi for Bizについては、新幹線8号車(グリーン車)からもリモートワークで利用可能です。

東北新幹線のリモートワーク向け車両

また、東北・上越・北陸新幹線では8号車を新幹線オフィス車両として、平日にリモートワーク向けのサービスを提供しています。こちらの場合、新幹線8号車はフリースペース扱いとなり、指定席(グリーン車・グランクラスを含む)・自由席いずれに乗車してもリモートワーク向けのサービスを利用可能です。

東海道新幹線リモートワーク向け座席と異なり、新幹線オフィス車両には特別なWi-Fiサービスはなく、ついたては全車両ともレンタル可能なものの、USB充電器などの貸し出しサービスはありません(一部列車のみWi-Fiルーターの有料貸し出しに対応)。とはいえ、フリースペースのため新幹線でリモートワーク中だけ8号車に移動するといった活用法も可能です。

なお、山形・秋田新幹線については8号車が存在しないため、新幹線オフィス車両の利用には併結されている東北新幹線側に移動してリモートワークする必要があります。また、北陸新幹線のうち富山駅~金沢駅間のみで運行するつるぎについても、新幹線オフィス車両の設定はないためリモートワークには注意が必要です。

■「新幹線」おすすめ記事
新幹線自由席で座れる確率を上げる偶数号車狙い
のぞみ座席表で自由席で座れるおすすめ号車が判明
新幹線キセル乗車でアイドルファン同士による手口
新幹線eチケット「変更」という料金以外のメリット

■「JRのお得な切符」おすすめ記事
一筆書き切符は長距離割引になるJRのお得な切符
分割切符はJRの運賃を安くする賢い買い方だった
キセル乗車の一団が一網打尽となった手口とは?
青春18切符より安いJRのお得な切符の裏ワザ
青春18きっぷは残り1回分を金券ショップで売るとお得
青春18きっぷで「グリーン車」を乗り継ぐ裏ワザ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事