ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JREポイントで新幹線にお得に乗車キャンペーン

2022年は日本初の鉄道が開業してから150年の節目にあたり、鉄道に関するさまざまなイベントが各地で行われます。それに加え、JR東日本では東北・上越新幹線の開業40周年などにもあたることから「新幹線YEAR2022」というキャンペーンも実施中。そのひとつに、JREポイントを新幹線でお得に使えるというキャンペーンがあるのです。


JREポイントで新幹線にお得に乗車キャンペーン

JREポイントで新幹線にお得に乗車

JR東日本では、2022年を「新幹線YEAR2022」と位置づけさまざまなキャンペーンを実施中です。その1つが、同社の共通ポイント「JREポイント」で手に入る新幹線の乗車チケット「JREポイント特典チケット」へのポイント交換率を大幅にアップするキャンペーン。2022年6月14日まで行われます。

JREポイント特典チケットは、JR東日本の新幹線路線の普通車指定席に無料で乗車できるチケットで、通常期間のJREポイントとの交換は0~100キロが2160ポイント、101~200キロが4620ポイント、201~400キロが7940ポイント、401キロ以上が12110ポイントです。

一方、6月14日までのキャンペーン期間中は0~100キロが1000ポイント、101~200キロが2300ポイント、201~400キロが3900ポイント、401キロ以上が6000ポイントと交換率が大幅アップ。乗車距離によっては、ポイント交換率が2倍以上です。

JREポイントは、会員登録をすることでJR東日本路線へSuicaで乗車すると貯まりますが、カード式Suicaの場合200円につき1ポイントと還元率はそれほど高くありません。東京駅~仙台駅間の新幹線チケットが入手できる3900ポイントを貯めるには、Suicaで最低78万円分乗車する必要があり、現実的とはいえません。

JREポイントを新幹線で貯めて乗る

しかし、JR系列のビューカードが発行するクレジットカードを利用する場合は話は変わってきます。というのも、ビューカードのポイント還元もJREポイントで行われ、JR東日本のWeb予約サイト「えきねっと」での新幹線eチケット購入やモバイルSuicaでの利用時に「VIEWプラス」として高いポイント還元を受けられるためです。

VIEWプラスで貯まるポイントは、えきねっと利用時はゴールドカードで8%、一般カードでは3%となり、モバイルSuica利用でグリーン券を購入した場合も同じ還元率です。また、定期券購入についてはゴールドカードが4%、一般カードが3%となっています。

VIEWプラスに加え、えきねっと利用やモバイルSuicaには2%の還元があるため、新幹線eチケットを購入した場合の還元率は10%となるのです。ただし、VIEWプラスのJREポイントは1000円未満の端数は切り捨てて計算されるため、東京~仙台間の新幹線普通席をゴールドカードで購入すると貯まるJREポイントは1104ポイントとなります。

新幹線eチケットでJREポイントを貯め、新幹線YEAR2022期間に無料チケットを入手した場合のおトク度はゴールドカード会員であれば非常に高くなります。例えば、東京駅~仙台駅の新幹線eチケット利用でJREポイントを貯め、同区間の無料チケットへ交換した場合で計算すると、還元率は約29%にも達するのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事