ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新幹線YEAR2022の半額で乗れるキャンペーン開始

2022年は東北・上越新幹線が大宮~盛岡・新潟間で開業してから40周年の節目にあたります。そこで、JR東日本では今年1年にわたり「新幹線YEAR2022」キャンペーンを実施予定。その第1弾として、2月中限定で、JRE POINTの特典チケットを利用すると新幹線へ実質半額で乗れるお得なキャンペーンがスタートしました。


新幹線に実質半額で乗れるキャンペーンが開始!

新幹線YEAR2022は新幹線開業40周年

JR東日本は2022年2月1日~28日の期間、同社のポイントプログラム「JRE POINT」について、特典チケットへ交換する際に必要なポイント数が通常の1/2になるキャンペーン「JRE POINT特典チケット 新幹線YEAR2022スペシャル」を実施中です。

新幹線YEAR2022キャンペーンは、1982年に開業した東北・上越新幹線が2022年に40周年を迎えるほか、山形新幹線が30周年、秋田・北陸新幹線が25周年と、いずれも節目の年となることを記念してのもの。JR東日本では、秋田新幹線の3月23日を皮切りに、各新幹線の開業記念日にあわせた新幹線YEAR2022のイベントも実施予定です。

JRE POINT特典チケットは、JR東日本路線への乗車などで貯まったJRE POINTで入手する新幹線・在来線特急の普通車指定席用チケットです。チケット入手に必要なポイント数は距離により異なり、新幹線の場合は0~100キロが2160ポイント、101~200キロが4620ポイント、201~400キロが7940ポイント、401キロ以上が12110ポイントです。

新幹線YEAR2022でポイント利用効率3倍

ところが、JRE POINT特典チケット 新幹線YEAR2022スペシャルキャンペーン期間中は必要ポイント数が大幅に少なくなり、0~100キロが1000ポイント、101~200キロが2000ポイント、201~400キロが3900ポイント、401キロ以上が6000ポイントと半分以下で済んでしまいます。

貯まったJRE POINTの活用方法としては、1ポイント=1円でSuicaへチャージする方法が手軽で便利です。しかし、今回の新幹線YEAR2022キャンペーン中に新幹線のJRE POINT特典チケットへ交換すると、通常1万7670円かかる東京駅~新青森駅間に6000ポイントで乗車可能で、Suicaチャージと比較してポイント利用効率がほぼ3倍となるのです。

ただし、JRE POINT特典チケットは新幹線eチケットとして発行されるため、利用にはJR東日本のWeb予約サイト「えきねっと」への会員登録が必要。また、JRE POINT特典チケットの予約は乗車当日まで可能ですが、各列車ごとに利用席数が限られるため、新幹線の乗車予定が決まり次第、早めに予約を行った方がよいでしょう。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事