ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クレカ現金化などメルカリで売られるヤバイ商品

全世界での累計ダウンロード数が1億を突破したフリマアプリ「メルカリ」。2018年6月には東証マザーズに上場され、さらなるサービスの拡大が期待されています。しかしながら、一部ではモラルの欠けた出品者が存在し問題視されてきました。メルカリで売られているヤバイ商品の数々を見ていきましょう。


スポンサーリンク
クレカ現金化などメルカリで売られるヤバイ商品

メルカリのクレカ現金化を狙う出品

2017年春、現金の出品が相次ぎ話題に。50,000円分の紙幣が58,000円で売れた場合、手数料10%(5,800円)を引いた2,200円が出品者の利益です。今すぐ現金が欲しい購入者側は、クレジットカードで購入するわけです。

現金の出品が規制されると、今度はチャージ済みの交通系ICカードや「キャッシュバック付き商品」などが、新たな「クレカ現金化」を狙って出品されました…。

こうしたクレジットカードの現金化を狙った商品の売買は、テレビでも放送されて大きな話題に。今現在は運営側が対策し、現金商品の出品は減っているものの、それでも他のECサイトに比べ奇妙な商品が目に付きます。

メルカリで売られているヤバイ商品に「メルカリの株式」があります。東証マザーズに上場された2018年6月19日、メルカリに「メルカリ株」が出品されました。

メルカリにわら人形や選挙権が出品

出品はストップ高6,000円で購入したメルカリ株100株分。冗談なのか本気なのか、コメント欄に「定価(IPO公募価格)の3,000円になりませんか?」と値下げ交渉する人もいました。

メルカリのヤバイ商品に「領収書」があります。領収書は紙幣と同様、メルカリでは規約違反に該当する商品。自営業の人が、経費水増しのために領収書を購入しているようです。もちろん、購入した領収書を経費として計上したら、脱税になりますが…。

「いわく付きのプロ使用グッズ」もメルカリで見かけるヤバイ商品。2018年6月に金銭トラブルが原因で引退となった、元千葉ロッテマリーンズの大嶺翔太。彼の実使用グラブやバット、ユニフォームなどはメルカリに大量に出品されていました。

借金返済のために、本人自らがメルカリで出品していたのか、はたまた横流し品を第三者が出品していたのかは謎のままです。このほか、わら人形や読書感想文、大学の出席カード、選挙権などがメルカリには出品されていました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事