ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

JCBの手頃なブラックカードの年会費はいくら?

「JCBザ・クラス」は唯一の国産クレジットカードブランドであるJCBの最上位カードです。国内では数少ない招待制のカードで、JCBプロパーカードでの利用実績に応じてインビテーションが届く、ステータス性の高いカードといえるでしょう。その一方で、一般的なプラチナ・ブラックカードに比べて、手頃な年会費が特徴です。


JCBの手頃なブラックカードの年会費はいくら?

JCBのブラックカードは比較的手軽

JCBのブラックカード「JCBザ・クラス」は、プレミアムカードの手厚い特典サービスを受けつつ、比較的手軽に維持できる最上位カードとして人気です。

代表的なプラチナ・ブラックカードの年会費といえば、アメックス・プラチナカード、ダイナースクラブ・プレミアムカードが14万3千円、アメックス・センチュリオンカードが35万円と、一般的に非常に高額。それに対して、JCBザ・クラスは5万5千円です。

年会費無料のカードが多い中で決して安くはありませんが、他のプラチナ・ブラックカードに比べると、かなりお手頃といえるでしょう。

また年に1回、約2万5千円分のギフトがもらえるメンバーズセレクションや、高級レストランでの食事が2名以上の利用で1名分無料になるグルメベネフィットといった特典サービスを利用することで、十分に元が取れる金額です。

JCBのブラックカードの最大メリット

もう1つ、JCBザ・クラスを持つ大きなメリットといえるのが、24時間対応の専用デスクが用意されたコンンシェルジュサービスでしょう。コンシェルジュサービスとは、飲食店の予約や旅行の手配などを代行してくれるサービスです。

例えば「〇〇駅周辺で予算1人3000円の居酒屋を予約してほしい」「家族旅行の航空券を手配してほしい」「実家に母の日のプレゼントを贈ってほしい」といった依頼が電話1本で可能。特に強みを発揮するのがホテルや航空券の手配です。

国内の大手旅行代理店と提携するJCBトラベルのサービスが利用可能で、公式サイト上では空きが無いホテルや航空券も高い確率で手配してくれます。年末年始やお盆といったハイシーズンでも、コンシェルジュデスクを利用することで通常のルートでは確保できない航空券やホテルの空室を電話1本で押さえられるのです。

こうしたサービスを使い倒せば、JCBのブラックカードは5万円超の年会費の価値は十分にあるサービスといえるでしょう。

■「クレジットカード」おすすめ記事
楽天の家族カードなら小額ポイントが合算できる
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
Vプリカは使い方次第で半永久的にタダ見できる
Vプリカは使い方次第でクレカ番号ジェネレータ
今すぐ「イオンSuicaカード」を見直すべき理由
エポスゴールドカードの招待を断ると大損な理由
デビットカードでモバイルSuicaチャージの裏技
「au PAYゴールドカード」年会費の元を取る方法

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事