ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Chromeに搭載のセキュリティ機能を使いこなす

仕事用PCがウイルス感染して、個人情報などが流出してしまう…なんてことは絶対に避けたいところです。現在の主要ブラウザには、セキュリティ機能が標準で実装されているので、うまく活用しましょう。中でもChromeは優秀。パスワードの漏洩チェックや、危険サイトのブロックなどの機能が搭載されています。


Chromeに搭載のセキュリティ機能を使いこなす

Chromeのセキュリティ機能を設定する

まずはChromeのセキュリティ機能の「セーフブラウジング」を見ていきましょう。ブラウザ右上のメニューボタンからメニューを開いて「設定」を選択。「プライバシーとセキュリティ」→「セキュリティ」をクリックしてください。

ここでセーフブラウジング強度を選びます。「標準保護機能」の場合は、「データ侵害によりパスワードが漏洩した場合に警告する」を有効にしておきます。特別なこだわりがない場合は、最も強力に保護される「保護強化機能」を選んでチェックしておくと安心です。

なお、スマホ用のChromeアプリにも、セーフブラウジング機能が備わっています。「同期とGoogleサービス」から、保護を有効にしておきましょう。

Chromeのセキュリティ機能には「パスワードの漏洩チェック」があります。ブラウザ右上のメニューボタンからメニューを開いて「設定」→「パスワード」を選択します。操作はスマホアプリも同様です。

Chromeのセキュリティ機能で不正使用

ここで「パスワードを確認」をタップ。不正使用されたパスワードと、脆弱なパスワードが一覧で表示されます。「不正使用されたパスワード」は、どこかしらで既に漏洩しているということ。なるべく早く変更しておきましょう。

「脆弱なパスワード」は、容易に推測できるものなので変更しておいた方がベター。Chromeでは、ランダムで複雑なパスワードを自動作成できます。これを利用してもよいでしょう。

このほか、Chromeのセキュリティ機能には「危険サイトの警告」があります。これはセキュリティ上の問題があるサイトにアクセスしようとすると、事前にブロックして警告してくれるもの。なお、Firefoxでも同様の機能があります。

■「セキュリティ」おすすめ記事
LINEのセキュリティを上げるための6つの設定
キーロガーはUSB型を設置されたら発見は困難

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事