ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Googleマップで迷子になる人に効く知っ得テク

大多数の人がスマホに「Googleマップ」を入れているでしょう。電車・クルマ・徒歩別に目的地までの経路や所要時間が判明し、ストリートビュー機能で目的地周辺の様子も手に取るように分かってとても便利。しかし、いざ経路案内を開始した途端、途方に暮れる人が多いようなので迷子対策を紹介します。


スポンサーリンク
Googleマップで迷子になる人に効く知っ得テク

Googleマップは北向きに固定しない

Googleマップをなぜ利用するのかといえば、知らない土地を移動するから。街全体の東西南北の方向と、目印となる建物の位置関係を把握していないので、どの方向へどのぐらい進めばいいか分からない状況なのです。

地下鉄から地上に出た直後など東西南北が全く不明な場合、地図の上が北向きに固定されていたら、コンパスアイコンをタップするか、設定から「地図を北向きに固定」をオフにします。

地図がぐるぐる回る場合や青い点の指示方向が幅広になっている場合は、コンパスの調整が必要。スマホを持って数字の「8」の字を手首をひねりながら、2~3回描きます。これで指示方向が狭まり、コンパスの調整が行われます。

Googleマップは3D&航空表示を活用

Googleマップの地図の種類は、デフォルト・航空写真・地形の3種類。ビル街でアプリを使うなら、レイヤーボタンをタップして航空写真を選択するといいでしょう。地図が北向きに固定されていなければ3D表示になります。

ナビ開始ボタンを押すと「西に進む」などといきなり方角が指示されて戸惑いますが、慌ててはいけません。東西南北は無視して、青い矢印の向きと経路の白い矢印の向きが一致した方向へ踏み出すのです。

青い点の周囲の水色の円は、小さいほど測位精度が高いことを表します。この時、地図の拡大は1本指で、縮小は2本指でタップすれば、地図が不用意に回転したりズレることはありません。覚えておくと便利です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事