ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

意外に差がある!主要ネットスーパー4店を比較

現在、主要なネットスーパーは4店あり、それぞれ使い勝手や品揃えなどが異なっています。そこで「イトーヨーカドーのネットスーパー」「イオンネットスーパー」「西友ネットスーパー」「楽天マート」を比較。意外に差がある主要ネットスーパー4店を品揃えを中心に見ていきましょう。


スポンサーリンク
意外に差がある!主要ネットスーパー4店を比較

ネットスーパーは少人数家庭を意識

「イトーヨーカドーのネットスーパー」は、PB「セブンプレミアム」を中心に、手頃でおいしい食品が揃います。少人数家庭を意識しており、野菜は1個ずつ、お肉は100gから、惣菜も焼き鳥1本から購入可能。1人暮らしに助かります。

また、下着やYシャツなどの衣料品も取り揃えているのも特徴です。デメリットは、送料無料までの金額が高いのが難点。セールが行われるハッピーデー(毎月8・18・28日)を中心に、計画的に買い物しましょう。

「イオンネットスーパー」は、店ごとに食品の品揃えや価格が変わり、買い物の楽しさが味わえます。全国でほぼ同じサービスを提供するイトーヨーカドーと比較して、イオンは地域密着型ネットスーパーです。

送料が安かったり、不在時宅配サービス(108円)もあるなど、使い勝手も良好。残念なのは、PB「トップバリュ」。美味な商品も当然ありますが、中には微妙なものも…。ネットの口コミを参考にして外れをひかないようにしましょう!

ネットスーパーのPBは2ブランド

「西友ネットスーパー」は、曜日や期間限定の特売をしないので、買うタイミングを気にせず注文できます。ですがその反面、商品の入れ替えが少なく、他のネットスーパーと比較してマンネリ感は否めません。

PBは2ブランドあり、味が良いのは「みなさまのお墨付き」。「きほんのき」は価格相応といった印象で、味はイマイチ。「ど生鮮。」キャンペーンで販売される、鮮度抜群のキャベツやレタスなどの葉物野菜もオススメです。

「楽天マート」は、紀ノ国屋・らでぃっしゅぼーや・成城石井・ローソンプライベートブランドなどが参加する総合ネットスーパー。普通の生鮮食品に加え、1kg単位の冷凍肉や巨大餃子、さらに高級スイーツなど普通なら「お取り寄せ」するこだわりの食品もまとめて買えます。

ルタオのケーキや紀ノ国屋のプリンなど、スイーツ類は特に充実。時短調理向けの冷凍肉・野菜も安く、ちょっとおいしいものを食べたい時に利用しましょう。

■「ネットスーパー」おすすめ記事
3か月間試して分かった!最良ネットスーパー
Amazonプライム会員になるべき15の理由とは?

■「スーパー」おすすめ記事
スーパーの惣菜の値引き前価格のチェック方法
バーコードの読み取り方!本当の価格がわかる!!
スーパーなどで売られているネギトロの作り方
スーパーの見切り品で元の価格を確認する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事