ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オークションで人気上昇中の「ダムカード」とは

いま転売で注目されているアイテムがダムカードとマンホールカードです。いずれも無料で手に入りますが、実際に現地に行かなければゲットできないことがポイント。入手しにくければしにくいほど高値で取引されます。オークションでも人気上昇中のダムカードとマンホールカードを見ていきましょう。


スポンサーリンク
オークションで人気上昇中の「ダムカード」とは

ダムカードはダム管理事務所で入手

全国の自治体で無料配布されているダムカードやマンホールカード。ダムカードはダム管理事務所で、マンホールカードは役所・観光案内所・水道局などさまざまな場所で入手できます。

新種のカードも続々発行され、コレクターも増加中。しかし、入手には実際に現地に行く必要があり、またマンホールカードは平日のみの配布場所も多く、コンプリートは至難のワザです。

なので、オークションの出品も目立つようになっています。ダムカードは建設中のものや完成◯周年など、レアなものが人気。また、マンホールカードは、ファン心理を利用してかカープ坊や(広島市)が高値です。

五島列島ダムカード3種は16,000円

ダム管理事務所へ行くと、無料でもらえるのがダムカード。離島など入手困難なものは高値で取り引きされやすいアイテムです。「五島列島ダムカード3種」は16,000円でした。

デザインの美しさで注目されつつあるのはマンホールカード。コンプリートはダムカード以上に難しくなります。「北海道全種類」などテーマを決めてセットにして売るのもポイントでしょう。「北海道8種類マンホールカード」は12,000円でした。

東京都台東区の水再生センター「蔵前水の館」でもマンホールカードの配布を開始しています。平日の施設見学がカード入手の条件。見学には1週間前までに予約が必要です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事