ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマートスピーカーでTwitter投稿を可能にする

「OK Google」と話しかけると、音楽をかけてくれたりニュースを読んだりといった操作ができる「Google Home」を筆頭に、各社からさまざまなスマートスピーカーが発売されています。そんなスマートスピーカーをより便利に利用するため、あらゆるWebサービスを横断するサイト「IFTTT」と連携させましょう。


スポンサーリンク
スマートスピーカーでTwitter投稿を可能にする

スマートスピーカーから声で投稿

スマートスピーカーとIFTTTを連携すると、音声入力でさまざまなクラウドサービスが使えるようになります。例えば、TwitterやLINEへの投稿、Gmailの送信、Evernoteへのメモなどがフリーハンドで可能になるのです。

さっそく、Google HomeとTwitterを連携させて声で投稿する方法を見ていきましょう。まずはIFTTTのページにアクセスしてアカウントを作成。「My Applets」→「Google Assistant」を探します。

「Connect」をタップし、Google AssistantをGoogleアカウントと接続。続いて、同様にIFTTTと自分のTwitterアカウントを接続します。ここで、右上のアイコンをクリックして出てくるメニューから「New Applet」を選択するのです。

スマートスピーカーで可能な操作

「+this」の文字をクリックして、サービスの中から「Google Assistant」を選択します。トリガーに「Say a phrase with a text ingredient」をクリック。「Twitterに $ と投稿」とトリガーが実行される条件を設定します。

続いて、アクションにTwitterを選んで「Post a tweet」→「Createaction」をクリック。これでGoogle Homeに「OK Google,Twitterに『××』と投稿」と話しかけると、Twitter投稿できるようになるのです。

スマートスピーカーのIFTTT連携で可能になる操作には「Twitterに投稿」のほかにも「Facebookに投稿」「LINEにメッセージを送信」「Evernoteに送信」「Gmailでメールの送信」「Dropboxにテキストをメモする」「Googleスプレッドシートに記録」「家電の電源をオン/オフする」などがあります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事