ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

動画サイトに多いトラブル例とセキュリティ対策

公式配信の動画サイトなら、特に対策しなくても快適に利用できます。しかし、違法コンテンツがたくさん集まる動画共有サイトや裏動画サイトは、広告や危険なリンクが多いため、セキュリティ対策が必須。そこで、動画サイトの視聴でおこるトラブル事例とそれを回避する方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
動画サイトに多いトラブル例とセキュリティ対策

動画サイトは広告だらけでストレス

もっさり動作で人気が低迷していたブラウザ「Firefox」ですが、最新版で超高速化。実際に「Speedometer」でブラウザのベンチマークを測定すると、最新版FirefoxはChromeに勝るスコアを叩き出しました。そこで「Firefox」を例に、動画サイトのセキュリティ対策の方法を紹介します。

動画サイトの視聴で多いトラブルが「広告が邪魔で視聴できない」というもの。特に裏動画サイトは広告だらけでストレスがたまりがち。肝心の動画が表示されないなんてこともおこります。

そこで、動画サイトでは表示される広告を徹底的にブロックしましょう。「Adblock Plus」は、Webサイトの広告をブロックしてくれるブラウザのアドオン。インストールするだけで大抵の広告は消すことができます。

動画サイトの広告を完璧にブロック

さらに、日本向けのネットフィルターで動画サイトの広告ブロックを完璧に仕上げましょう。Firefoxで「豆腐フィルタ」の配布ページにアクセスし、「フィルタを購読する」をクリックします。

確認画面のポップアップが表示されるので「YES, USE THIS FILTER LIST」を選択してインストール。Adblock Plusの設定画面が表示されたら「控えめな広告の許可」のチェックを外しておくのです。

「ウイルスに感染したかも…」というのも動画サイトでよくあるトラブル。悪質なサイトを開くと、詐欺にあったり、ウイルス感染してしまう危険性があります。ただし、Windowsは標準セキュリティ機能でほとんどのウイルスをブロック可能です。

しかし、万が一の感染に備えて、ウイルス駆除ツール「Malwarebytes Anti-Malware」を用意しましょう。ツールを起動して「今すぐスキャン」をクリック。スキャンが終わったら、見つかったマルウェアをすべて選択します。「選択の隔離」をクリックして駆除。これでWindowsで防げなかったウイルスを消すことができるのです。

■「動画サイト」おすすめ記事
動画共有サイトの違法と合法の境界線はどこ?
動画共有サイトはどのブラウザを利用する?
動画配信が見放題で持ち帰りOKなネットカフェ
デスクトップキャプチャーで見きれないを防止
AG-デスクトップレコーダーの使い方と設定法
デスクトップキャプチャーソフト4種を徹底比較
動画配信サービスの無料トライアル期間まとめ
中国No.1アクセスを誇る動画サイトの魅力とは
中国の動画サイトを楽しむための4つの基礎知識
海外動画サイトの視聴エリア制限を突破する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事