ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

最新「Chromecast」はテレビ完結型に大幅に進化

「Chromecast」はテレビのHDMI端子に差し込んで、スマホやタブレットで再生中の動画を、Wi-Fi経由でテレビに映し出すのがこれまでの仕組み。スマホで見たいコンテンツを選択し、それをテレビに飛ばして再生する必要がありました。しかし、4K対応の「Chromecast with Google TV」は違います。Google TV内蔵でテレビで操作が完結するのです。


最新「Chromecast」はテレビ完結型に大幅に進化

最新ChromecastはGoogle TVを内蔵した

これまで、Googleのメディアストリーミング端末「Chromecast」はスマホで見たいコンテンツを選択し、それをテレビに飛ばして再生する必要がありました。

しかし、4K対応の最新モデル「Chromecast with Google TV」はGoogle TVを内蔵しているため、テレビで操作が完結。スマホやPC、タブレットは必要ありません。

Chromecast with Google TVの実勢価格は7,600円と「Fire TV Stick 4K」よりも1,000円ほど高いものの、Googleのスマートスピーカーを持っているなら、やっぱりChromecastの方が便利です。音声で動画の再生/停止などの操作が可能になります。

最新Cheromecastテレビにホーム画面

最新のChromecast with Google TVはテレビにホーム画面が表示されるので、そこからアプリを選んで見たい動画を再生する仕組み。Fire TVのホーム画面はプライム・ビデオの作品が優先的に表示されますが、Chromecastはさまざまな動画サービスの作品を満遍なく紹介している印象です。

解像度は最大4Kで、Dolby Vision・HDR10・HDR+に対応。YouTube、プライム・ビデオ、Netflix、U-NEXT、dTVの4K対応作品を高画質で楽しめます。ちなみに、Netflixのセットもあり、こちらは11,200円。スタンダードプラン6か月分(8,940円)が付くので、実質5,340円安くなる計算です。

Androidスマホは「Google HOME」アプリからミラーリングが可能ですが、iOSは非対応。iPhoneやiPadの画面をテレビに表示させたい時は非公式アプリ「CastStreamer」を使う必要があります。

Chromecast with Google TVの解像度は3840×2160ドット、出力端子はHDMIです。電源はUSB Type-Cケーブル。サイズ/ 重さは61W×162H×12.5Dmm/56.7gとなっています。(文/馬塲言葉)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事