ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダークWebは身元を完全匿名化して閲覧する

闇のインターネットとも呼ばれる「ダークWeb」は、ChromeやFirefoxなどの一般的なブラウザではアクセスできません。ダークWebにアクセスするのに使われるのは専用ソフト。利用者の発信元(IPアドレス)が完全匿名化されるのが特徴です。身元を完全匿名化してダークWebに侵入する方法を紹介しましょう。


身元を完全匿名化して「ダークウェブ」閲覧する

ダークWebは発信元を完全匿名化

闇サイトが集まる「ダークWeb」は「Tor(トーア)」などの接続経路を匿名化する技術を使った「Friend-to-friend」ネットワークで分散・暗号化されています。このため、ダークWebは利用者の発信元の完全匿名化が可能。ゆえに、ダークWebは犯罪の温床になりやすいといわれています。

Torは、もともとは米海軍調査研究所が軍事利用のために開発した暗号通信方式「オニオンルーティング」を用いたインターネット網。「Tor Browser」はこのTorを簡単に使えるようにしたブラウザです。Tor Browserを使えばアクセスが制限されているダークWebを利用できるようになります。

ダークWebを利用するには、まず公式サイトでTor Browserをダウンロードして、パソコンにインストールします。Tor Browserを起動したら、「Connect」をクリックしてTorに接続。接続が完了するとブラウザが表示されるので、Tor用のURLを入力して目的のダークWebにアクセスします。

ダークWebのTor専用検索エンジン

Tor Browserで見られる代表的なダークWebのひとつ「内部告発.jp」は、内部告発を目的とした情報共有サイト。日本人が運営しているダークWebです。

「The Hidden Wiki」は、Tor専用の裏Wiki。隅々まで読めば思わぬ情報が載っているかもしれません。「AHMIA」は、Tor専用サイトを探せる定番の検索エンジン。Google代わりに使えます。

このほか、Tor Browserで見られるダークWebでポピュラーなのは薬品系。ダークWebでは目を疑うほど堂々と販売されていて種類も豊富です。また、アングラではおなじみともいえるオトナ系もダークWebは充実。クレジットカードや個人情報を売買するサイトもダークWebにはあります。


ダークWebのTorの匿名性をアップ

ここで、ダークWebにアクセスするTorの匿名性をアップさせる方法を紹介しましょう。LinuxベースのOS「Tails」を使用すれば、ブラウザの脆弱性を突かれても、Tails自体がTorで通信するため自身のIPアドレスが漏れることを防げます。

仮想マシン上で動かす仮想OS「Whonix」を使用すると、さらに匿名性がアップ。Whonixを動かすには、マシンを「VirtualBox」で仮想化しておく必要があります。これはVPNを組み合わせることもできるため、Torへ接続していること自体を隠せるのです。ログ記録なしの匿名VPNを使えば、追跡は非常に困難となるでしょう。

例えば「ProtonVPN」は、ログを残さない無料のVPNサービスや、匿名性の高いProtonMailを提供しています。監視協定外のスイスに拠点があるのもポイントです。

■「ダークウェブ」おすすめ記事
ダークウェブで売買されるクレジットカードとは
ダークWebを体現「Tor」のアングラネット社会
盛り上がるFreenetの日本語掲示板の中身は?

■「Tor」おすすめ記事
プロキシサーバ利用でTor拒否サイトを突破する
Tor Browserを使って完全匿名で情報収集する

■「アングラ」おすすめ記事
捨てアドを使ってアカウントを量産する方法
捨てアドを使えばアングラサイトも怖くない
捨てアドをGmailとYahoo!メールで作る方法
捨てアド代わりにGmailのエイリアスを活用する

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事