ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

年会費無料で新幹線が6割引「おとなび」とは?

JR各社では、50歳以上をターゲットにした会員サービスに力を入れています。なかでも、JR西日本の会員サービス「おとなび」は、50歳以上であれば年会費無料で誰でも入会できるうえ、おとなび会員専用の割引切符の購入が可能。JR西日本エリアで鉄道旅行をする人であれば、おとなびへ入会して損はありません。


年会費無料で新幹線が6割引になる「おとなび」

おとなびWeb早得は乗車7日前まで発売

JR西日本が50歳以上を対象に行う会員サービス「おとなび」は、50歳以上であれば誰でも入会が可能で、さまざまな切符や旅行ツアーが割引になるというものです。同社のネット会員サービス「J-WESTネット」に登録を行い、年齢が50歳以上であれば自動的におとなび会員となります。

なお、おとなびには無料会員のほか、JRグループが共同で行う会員サービス「ジパング倶楽部」とセットになったものもあり、女性60歳以上・男性65歳以上から入会可能。こちらは年会費が必要で、個人会員が3840円、夫婦会員は6410円となっています。

おとなびの会員向けサービスでもっともお得といえるのが、新幹線・在来線の普通車指定席特急券と片道乗車券がセットになった「おとなびWeb早得」です。おとなびWeb早割は、乗車1か月前から7日前までの発売されており、JR西日本のWeb予約サイト「e5489」から購入と指定席予約を同時に行います。

おとなびWeb早得で新幹線が半額以下

おとなびWeb早得の対象となる列車は、新幹線は全車自由席運行を除く全列車、在来線特急については京阪神から北陸方面・南紀・北近畿方面と、岡山から山陰方面です。なお、山陰方面に関しては新幹線と在来線特急やくもを岡山駅で乗り継ぐタイプの切符も発売中です。

おとなびWeb早得で、もっともおトク度が高いのが、山陽新幹線のこだまに乗車するパターン。例えば、大阪市内~博多駅では、片道1万5280円(通常期)のところが6100円と9000円以上割安。割引率は60%と半額以下です。ちなみに、のぞみ・みずほ利用タイプも用意され、こちらでも1万910円と5000円近くお得になります。

さらに、こだま乗車に関しては割引率を60%に設定した関係で、在来線乗車より割安になる区間も存在。例えば、新大阪駅~姫路駅の場合、在来線の運賃が1520円なのに対し、おとなびWeb早得のこだま乗車タイプは1510円と、わずか10円ながらお得になるのです。

なお、おとなびWeb早得はほかのお得な切符と同様に、指定席予約後の変更はできず、乗車する列車を変更する際はいったん払い戻しの上、再購入となります。JR西日本の場合、払い戻し手数料は乗車券が220円、指定席特急券は340円で、合計560円の手数料がかかる計算です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事