ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

水に浸すと3分で23kgに増量する土嚢で水害対策

台風・津波・ゲリラ豪雨に備えるための水害対策グッズを紹介しましょう。水害といえば、水の侵入を食い止めるための土嚢が思い浮かびます。とはいえ、突然の水害に土嚢を用意するのはほぼ不可能。そこで水害対策として活用したいのが、水に浸すとたった3分で23kgに増量する土嚢です。


スポンサーリンク
水に浸すと3分で23kgに増量する土嚢で水害対策

水害時に水に浸すと膨れ上がる土嚢

水害時に水の侵入や土砂崩れを防ぐために使われる土嚢は、重く持ち運びが大変なのが欠点でした。しかし、丸和ケミカルの「土No袋 ♯722箱型」は水で膨らむタイプなので、乾燥時の重さがたったの275g。保管場所を取りません。

水に浸すと吸水ポリマーが膨れ上がり、約3分で23kgの土嚢が完成します。完成サイズは50W×20H×30Dcmです。増量した土嚢はマチがしっかりあり、上に積みやすい箱型。ゴムの滑り止めなどの細かい配慮もうれしいところです。実勢価格は1,748円となっています。

台風や豪雨などの水害時には足元にも対策が必要です。レインシューズを履くのが1番ですが、TPOにそぐわないこともあるでしょう。そこで、完全防水靴下の出番となります。

水害で靴ビショビショでも中は快適

DexShellの「ウルトラシンソックス」は3層構造の生地を採用し、水が侵入しにくく、足の汗はしっかりと放出してくれます。水害で靴がビショビショになったとしても、靴下の中は快適さを保てるというわけです。

しかも、ウルトラシンソックスは防水だけでなく防風性も備えています。3層構造の割に生地が薄いので、普通の靴下と同じ感覚で履ける使い勝手も魅力。フィット感も抜群です。

S(22-24cm)・M(24-26cm)・L(26-28cm)の3サイズがあって、実勢価格は3,024円となっています。キッズ用の「ウォータープルーフキッズソックス」も用意。実勢価格は2,808円です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事