ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

イスラエルの軍事見本市で展示された兵器とは?

2018年8月29・30日、神奈川県川崎市のとどろきアリーナにて、イスラエル防衛及び国土安全保障エキスポ「ISDEF 2018」が開催されました。イスラエルが主宰する軍事見本市とあり、さまざまな物議を醸したイベントです。どのような展示がされていたのでしょうか。ISDEF 2018をリポートします。


スポンサーリンク
イスラエルの軍事見本市で展示された兵器とは?

イスラエル製カメラ付き監視ゲート

ISDEF 2018は、2020年の東京五輪を見据えたもので、主には「防衛技術の展示」がメインテーマ。イスラエルの軍事企業やイスラエル政府、日本の代理店約50の団体が参加し、展示しました。

東京オリンピックが開催される2020年には、訪日外国人を4,000万人にする計画を政府は打ち出しており、そのため、警備強化が課題となっているのです。

とはいえ、軍事製品や軍事企業が集合するというと、懸念の声が出るのは当然。警察や機動隊も出動する中、入り口にはイスラエル製のカメラ付き監視ゲートが設置されるなど、一般的な商業見本市とは異なる緊張感を漂わせていました。

軍事ドローンに電波妨害を与える

展示会では、懸念されていた武器の展示などはなく、基本的にテロ対策などの防衛アイテムが中心でした。中でも、気になったアイテムを紹介しましょう。

まずは「特殊部隊装備&防爆防護服」です。AVNON GROUPが開発する爆弾処理班用の防護服や、S.W.A.Tなどの特殊部隊向け装備になります。「ドローンバスター」は、無人爆撃機などの軍事ドローンに、電波妨害を与えて制御不能にして撃ち落とすというものです。

「車輌ストッパー」は、爆弾を積んだテロ犯のクルマやトラックを水際で防ぐモジュラー車両障壁。他にも、携帯電話回線を使用したストリーミング配信システム「LiveU」なども展示されていました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。