ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

FLIRは熱エネルギーを感知する暗視スコープ

軍事レベルの本格的なサーマル暗視スコープが「FLIR Scout PS24」。肉眼では見ることのできない対象物の放つ熱エネルギー(赤外線)を感知して、周囲を視覚化できます。実際、FLIRの暗視スコープを通してみると、暗闇で目には見えないものを捕らえることができました。



スポンサーリンク
FLIRは熱エネルギー暗視スコープ

FLIRの暗視スコープの画像処理技術

暗視スコープ「FLIR Scout PS24」は独自の画像処理技術を採用しているため、鮮明かつハイコントラストな造影を作り出すことが可能。カメラ撮影機能は搭載していませんが、静止画を一時的に作り、ファインダーで確認できます。

「FLIR Scout PS24」の操作ボタンは4つ。赤い電源ボタンを押せば、すぐに使えます。片手にフィットするコンパクトサイズなので、持ち運びも苦になりません。

画像の表示タイプは4パターンから選択可能。ブラックハイライト、ホワイトハイライト、インタラート(レッドハイライト)×4段階です。

FLIRの暗視スコープで明るく見える

実際、普通のカメラで撮影すると真っ暗ですが、暗視スコープ「FLIR Scout PS24」を通して見ると木の葉の形も明るく見えました。測定距離は最大320mなので、遠くにいる人も確認可能。

「FLIR Scout PS24」の解像度は240×180ドットで、視野角は24×18度、連続稼働時間は5時間です。サイズは58.7W×62H×172Dmmで重さは340g。電源はUSB充電です。実勢価格は221,700円~になります。

アウトドアのお供、行方不明になったペットの夜間捜索、動物の生態観察、鳥獣被害対策にも使えるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年5月号に掲載されていました。

■「暗視スコープ」おすすめ記事
暗視スコープなら完全な暗闇でも視認ができる
暗視スコープに歴史アリ…3つの世代の特徴とは
暗視スコープ新世代はなんとカラー撮影ができる
暗視スコープはカラーとモノクロのハイブリッド

■「暗視」おすすめ記事
スマホが暗視カメラになる「Seek Thermal」
隠しカメラになるUSBメモリは暗視撮影も可能
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事