ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした

普通のデジカメに赤外線フィルターを装着するだけで透視撮影ができるかトライしてみました。ちなみにセンサーは、C-M0S方式よりも従来からあるCCD方式の方が赤外線によく反応します。今回はCCD方式のデジカメに赤外線フィルターを装着して透視撮影に挑戦しました。



スポンサーリンク
赤外線フィルターを使った透視撮影に挑戦

赤外線フィルターをレンズに装着

赤外線撮影をするためには、真っ黒い赤外線フィルターをレンズに装着しています。これにより可視光線をカットして、赤外線だけを透過。カメラのセンサーに反応させて赤外線画像にします。

なお、赤外線フィルターにはレンズ装着型と「IR76」でおなじみのフィルム型があります。また、内部のセンサーには赤外線を除去するIR(赤外線)カットフィルターがあり、センサーに届いた通常の撮影では不必要な赤外線の光量を減少させています。

これでは赤外線撮影はできませんが、カメラによっては赤外線カット機能が弱く、赤外線感度が高い機種があり、赤外線撮影が可能です。機種によって大きな差があるのです。

太陽光の元で赤外線フィルター透視

また、センサーはC-M0S方式のカメラよりも、従来からあるCCD方式の方が、赤外線によく反応します。少し古めの機種や安価な機種の方が赤外線フィルターによる撮影には適しているのです。

ニコン「D40」はセンサーがCCD仕様のため、赤外線領域での感度がよいのが特徴。真っ黒な赤外線フィルター、ケンコーの「PRO1Digital R72」を装着して撮影してみました。

モデルは身体にフィットしたピンクのTシャツを着用。屋外で太陽光の元、赤外線フィルターを装着して撮影すると、胸元に下着のラインが表れたのです。この情報は『ラジオライフ』2015年7月号に掲載されていました。

■「赤外線」おすすめ記事
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする

■「透視」おすすめ記事
カーフィルムは透視できるか実際に試してみた
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事