ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ママ友トラブルで仕掛けられる盗聴器の場所は?

盗聴被害の相談は年々緩やかに増えているといいます。実際、発見される盗聴器の3分の1は一般家庭。盗聴器が安価に入手しやすくなったことが1つの要因と言われています。そんな中、ママ友同士のトラブルから盗聴器が仕掛けられるケースも増えているのです。どんな場所に盗聴器は仕掛けられるのでしょう。


ママ友トラブルで仕掛けられる盗聴器の場所は?

一般家庭に多い電源タップ式盗聴器

一般家庭で一番多いのは、電波を発するタイプのアナログ盗聴器を使った旧来のケースです。電源タップ式などの擬装型やワニ口クリップ式といった、小型で見つかりにくいアナログタイプのものが結局、安定して使いやすく便利なのです。

また、最も盗聴器が仕掛けられやすいのがリビング。次いで多い仕掛けられる場所は寝室です。リビングに盗聴器を仕掛ける目的は、最も人が集まりやすい場所で情報を収集するのに一番適しているから。寝室は愉快犯のケースが多いといいます。

また、夫の浮気調査や離婚を有利にするための身内間での盗聴は根強く多い一方で、最近はママ友同士のトラブルで一般家庭に盗聴器が仕掛けられるケースが増えているのです。

ママ友から盗聴されていると相談

盗聴発見業者の元には「会話にいない人のウワサ話をしたら翌日、その人に会話の内容をいい当てられた。これは盗聴されているに違いない」と相談してくる人が結構いるといいます。

相談してくるのは「金持ちに限らず、ごく普通の一般家庭の方も少なくありません」とのこと。会話にいなかっただけで、周りのママ友たちから何をいわれているのか気になる主婦が増加しているようです。

こういったママ友トラブルの場合は、来客が集まるリビングに盗聴器を仕掛けられることがほとんど。ママ友の人間関係には疑心暗鬼が生じやすいようです。まさに、現代人特有の病理といえるかもしれません。

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の調査は「117」の時報を流すと一石二鳥
盗聴器の見つけ方がわかるセルフチェックの手順
盗聴器発見器を使うならまず部屋に音楽を流す
業者向けに作られた「盗聴器発見アプリ」の実力
盗聴器の調査は「117」の時報を流すと一石二鳥

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事