ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器発見器は3つのモードを使って追い詰める

室内に仕掛けられた盗聴器を見つけ出す専用グッズが盗聴発見器。とはいえ、数千円の安価な製品は単なる電波探知器のため、反応し過ぎて逆に不安感が増すばかりです。盗聴器を確実に発見したいのなら、本格的な盗聴発見器を使うのが得策。盗聴器発見器の使用方法をリポートします。



スポンサーリンク
盗聴器発見器は3つのモードを使って追い詰める

盗聴器発見器の表示部はLEDだけ

今回は盗聴器発見器の最高級機「バグピンガー」で探知してみました。プロユースモデルですが、周波数の知識はなくても操作できます。

というのも、盗聴器発見器「バグピンカー」の表示部はLEDだけ。周波数表示のない専用機らしいデザインです。下部の「R」「P」「D」は3つの探知モードの動作を表しています。

この盗聴器発見器の検出周波数は28~2000MHz。アンテナ接栓はBNC型です。電源は単3形乾電池×4本で、外部電源はDC12V。サイズは67W×166H×36Dmmで、重さは210gとなっています。実勢価格は70,200円です。

盗聴器発見で盗聴波をキャッチ

実際に盗聴器発見器で盗聴器を追い詰めていきましょう。まずはディテクトモードで、室内から発射されている電波の存在を広くチェック。ディテクトモードで室内を動き回ると、電波の強い場所でLEDが一気に点灯します。

続いて、盗聴器発見器をラジオモードにして28~2000MHzをサーチ。盗聴波の周波数を調べます。盗聴波をキャッチすると室内音がスピーカー(イヤホン)から聞こえる仕組みです。

最後は、盗聴器発見器をピンガーモードにセット。「カッカッ」音を発して盗聴器との距離を測ります。こうして、額縁の裏側に仕掛けられた電池式盗聴器を発見できました。この情報は『ラジオライフ』2016年5月号に掲載されていました。

■「盗聴器発見」おすすめ記事
盗聴器発見に知っておきたい無線式と有線式の違い
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
盗聴調査のために使用するのはハンディ受信機

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴器の種類は電源方式で3つに分けられる
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事