ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

家庭で発見される盗聴器には大きく4タイプある

盗聴器の3台に1台は一般家庭から発見されています。そして、スマホやボイスレコーダーなどさまざまなデジタル機器が登場していますが、発見されるのはアナログ式の盗聴器がほとんどです。そこで、家庭で発見されるアナログ式盗聴器がどんなものなのか、その代表的な4タイプについて見ていきましょう。


スポンサーリンク
家庭で発見される盗聴器には大きく4タイプある

AC電源式盗聴器は半永久的に電波

アナログ式盗聴器は、会話を集音するコンデンサマイクと離れた場所に音声を電波で飛ばす送信機で構成されている、いわゆる電波式盗聴器のことです。電波式盗聴器は古くから存在しているため種類が豊富ですが「電源」と「形状」から4タイプに分類可能です。

電源には「電池式」と「AC電源式」の2種類があります。電池式の盗聴器は、内部に電池を収めているので設置場所を選びません。ただし、電池の持ちは長くて1週間。電池が切れると停波するため、定期的な電池交換が必要です。

AC電源式の盗聴器は、家庭用コンセントなどAC100Vに寄生するため、一度セットすると半永久的に電波を発射。AC100Vの電源確保のため、設置場所がコンセント周りや家電内部などに限定されるという制約があります。

盗聴器を形状で分けると「ボックス型」と「擬装型」の2種類。これに電池式とAC電源式を掛け合わせた4タイプが、家庭に仕掛けられる代表的な盗聴器になります。

マルチタップ型の盗聴器は挿すだけ

「電池式/ボックス型」の盗聴器は、やや厚めの100円ライターサイズが基本。内部には単3~5形乾電池や006P型電池を収めるので、どこにでも設置可能です。付属の15cm程度のアンテナを装着すると送信距離が拡大します。

「AC電源式/ボックス型」の盗聴器は、壁にあるコンセント内部や家電内に仕掛けるタイプです。2つのミノムシクリップをACラインにはさみ込んでセット。設置に時間はかかりますが、見つかりにくいという特徴があります。

「電池式/偽装型」の盗聴器は、電卓や置き時計といった電池で動作する機器の内部に仕込まれるのが定番でした。しかし、盗聴器の小型化によってペンに擬装した製品も登場するなど、あらゆる製品に擬装できるのが現状です。

「AC電源式/偽装型」の盗聴器としては、コンセントに挿すだけで動作するマルチタップ型やテーブルタップ型がよく知られています。設置に専門知識が必要なく、オフィスやラブホテルでもよく発見される盗聴器です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事