ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器の見つけ方はiPhone使った次世代システムが便利

盗聴発見業者向けの盗聴器発見システム「iSPACE SEARCH」は、受信機とiPhoneの盗聴器発見アプリを連動させた次世代スタイル。広帯域受信機の本体「EGM-2012iSPA」は電源ボタンのみで、盗聴器の見つけ方すべてのコントロールはBluetoothでペアリングしたiPhone(iPad)の盗聴器発見アプリからです。盗聴器と盗撮カメラの電波を発見するiPhoneの盗聴器発見アプリによるスマホでの盗聴器の見つけ方を詳しく見ていきます。


盗聴器の見つけ方はiPhone使った次世代システムが便利


盗聴器の見つけ方はiPhoneのスキャンボタン

プロ用の盗聴器発見システム「iSPACE SEARCH」の調査対象は、盗聴波と電波式盗撮カメラの電波。これらの周波数は専用の盗聴器発見アプリに登録されており、新波が加わった際はアプリのアップデートで行う仕組みです。

「iSpaceSearch」によるiPhoneを使った盗聴器の見つけ方は、アプリの黄色いスキャンボタンをタップすると、受信機本体が約60波の盗聴波をスキャン開始。受信した周波数がiPhoneのアプリに表示されるという盗聴器の見つけ方です。

発見した周波数をiPhoneで指定すれば、盗聴器の見つけ方は探索モードに突入。本体からは、受信機の盗聴器発見機能と同様に受信音が聞こえます。この際にiPhoneを使った盗聴器の見つけ方では8秒間の録音が可能。盗聴器に近づくとハウリングを起こすiPhoneによる盗聴器の見つけ方です。

盗聴器の見つけ方はiPhone使った次世代システムが便利


盗聴器の見つけ方はiPhoneで存在を可視化

業者向けのiPhoneでの盗聴器の見つけ方だけあって、盗聴波の存在が可視化されるのと同様に“盗聴波が無いこと”も表示されることもポイント。iPhoneによる盗聴器の見つけ方を依頼人の前で実践しても、存在しないことはなかなか理解してもらえません。今までの盗聴器の見つけ方では口頭で告げていたものが、iPhoneの盗聴器発見アプリで無いことを見せられるので依頼人に納得してもらいやすいでしょう。

このほか、iPhoneでの盗聴器の見つけ方による調査データは会員専用サーバ「iSPSクラウド」に保存される仕組み。この盗聴器の見つけ方ではiPhoneアプリの調査データは1件ごとにPDFリポートが取り出せるようになっています。

受信機の受信周波数範囲は0.1~1300/2400~2500MHz(無線電話の周波数帯除く)、
受信方式はトリプルスーパーヘテロダイン(FM/AMモード)です。アンテナ接栓はSMA型、対応OSはiOSとなっています。電源は 内蔵リチウムイオンバッテリーDC3.7V(1,050mAh)。サイズ/重さは60W×169H×17D㎜/109.5gです。価格はオープン価格になっています。


盗聴器発の見つけ方でiPhoneを使わないで調べる

iPhoneの盗聴器発見アプリを使わなくても、盗聴器の見つけ方はあります。盗聴器発の見つけ方でiPhoneを使わない場合は、盗聴器が発見されやすい場所を重点的に調べればよいのです。

iPhone盗聴器発見アプリなしの盗聴器の見つけ方1つめは「エアコン周辺」。高い位置に設置されていて部屋全体の音を拾えることから、エアコン周辺やエアコン内部にセットされることが多いといいます。

iPhone盗聴器発見アプリなしの盗聴器の見つけ方2つめは「照明器具の上」です。エアコン同様、部屋全体の音を拾える場所に、電池式の盗聴器が仕掛けられます。

そして、iPhone盗聴器発見アプリなしの盗聴器の見つけ方3つめは「コンセント周辺」です。三又コンセントやマルチタップに偽装された盗聴器が仕掛けられることは珍しくありません。盗聴器に常に電気を供給できることが狙われる理由です。

盗聴器の見つけ方はiPhone使った次世代システムが便利


盗聴器の見つけ方でiPhoneを使わないで探索する

iPhone盗聴器発見アプリ不要の盗聴器の見つけ方4つめは「電話機周辺」。コンセント同様、電気供給もできることから電話機本体周辺や回線周辺に盗聴器が仕掛けられます。

iPhone盗聴器発見アプリ不要の盗聴器の見つけ方5つめが「新聞受け」です。マンションやアパートなどの共同住宅では、玄関ドアに付いていることが多い新聞受けは、電池式の盗聴器が仕掛けられやすい場所を探索します。ドアの外から盗聴器をセットでき、電池交換もできるからです。

iPhone盗聴器発見アプリ不要の盗聴器の見つけ方6つめは「テーブルの裏側」。家に自由に出入りができると仮定すると、盗聴器のみならずボイスレコーダーをテーブルの裏側に貼り付けるケースも考えられます。

■「盗聴器発見アプリ」おすすめ記事
盗聴器発見アプリが「実物」で反応するかテスト

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の調査は「117」の時報を流すと一石二鳥
アプリで盗聴器と盗撮カメラを発見するプロ機材
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • 仕掛けられた盗聴器のタイプでわかる犯人の目的
    仕掛けられた盗聴器のタイプでわかる犯人の目的
  • アナログ盗聴器が以前より増えている理由とは?
    アナログ盗聴器が以前より増えている理由とは?
  • 仕掛けられた盗聴器からどんな内容が聞こえる?
    仕掛けられた盗聴器からどんな内容が聞こえる?
  • オービス情報もチェックできる渋滞情報アプリ?
    渋滞情報アプリでオービス情報もチェックできる?

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次