ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴器発見アプリ「iSPACE SEARCH」の実力は?

盗聴発見業者向けの盗聴器発見システム「iSPACE SEARCH」は、受信機とスマホを連動させた次世代スタイル。広帯域受信機の本体「EGM-2012iSPA」は電源ボタンのみで、すべてのコントロールはBluetoothでペアリングしたiPhone(iPad)のアプリからです。盗聴器と盗撮カメラの電波を発見するアプリを詳しく見ていきます。


業者向けに作られた「盗聴器発見アプリ」の実力

ペアリングiPhoneで盗聴器発見アプリ

プロ用の盗聴器発見システム「iSPACE SEARCH」の調査対象は、盗聴波と電波式盗撮カメラの電波。これらの周波数は専用アプリに登録されており、新波が加わった際はアプリのアップデートで行う仕組みです。

盗聴器発見アプリ「iSpaceSearch」の黄色いスキャンボタンをタップすると、受信機本体が約60波の盗聴波をスキャン開始。受信した周波数がiPhoneのディスプレイに表示されていきます。

スマホの画面から発見した周波数を指定すれば、盗聴器の探索モードに突入。本体からは、受信機の盗聴器発見機能と同様に受信音が聞こえます。この際にスマホでは8秒間の録音が可能。盗聴器に近づくとハウリングを起こすので、設置場所が判明します。

盗聴器発見アプリはiPhoneと連動

盗聴器発見アプリは無いことも表示

業者向けの盗聴器発見アプリだけあって、盗聴波の存在が可視化されるのと同様に、今までは口頭で告げていた“盗聴波が無いこと”も表示されるので依頼人に納得してもらいやすいでしょう。

このほか、調査データは会員専用サーバ「iSPSクラウド」に保存される仕組み。1件ごとにPDFリポートが取り出せるようになっています。

受信機の受信周波数範囲は0.1~1300/2400~2500MHz(無線電話の周波数帯除く)、
受信方式はトリプルスーパーヘテロダイン(FM/AMモード)です。アンテナ接栓はSMA型、対応OSはiOSとなっています。電源は 内蔵リチウムイオンバッテリーDC3.7V(1,050mAh)。サイズ/重さは60W×169H×17D㎜/109.5gです。価格はオープン価格になっています。


盗聴器発見アプリを使わない見つけ方

盗聴器発見アプリを使わなくても、盗聴器の見つけ方はあります。盗聴器が発見されやすい場所を重点的に調べればよいのです。

盗聴器発見アプリなしでも見つかる場所1つめは「エアコン周辺」。高い位置に設置されていて部屋全体の音を拾えることから、エアコン周辺やエアコン内部にセットされることが多いといいます。

盗聴器発見アプリなしでも見つかる場所2つめは「照明器具の上」です。エアコン同様、部屋全体の音を拾える場所に、電池式の盗聴器が仕掛けられます。

そして、盗聴器発見アプリなしでも見つかる場所3つめは「コンセント周辺」です。三又コンセントやマルチタップに偽装された盗聴器が仕掛けられることは珍しくありません。盗聴器に常に電気を供給できることが狙われる理由です。

盗聴器発見アプリなしでも見つかる場所

盗聴器発見アプリなしでも見つかる場所

盗聴器発見アプリなしでも見つかる場所4つめは「電話機周辺」。コンセント同様、電気供給もできることから電話機本体周辺や回線周辺に盗聴器が仕掛けられます。

盗聴器発見アプリなしでも見つかる場所5つめが「新聞受け」です。マンションやアパートなどの共同住宅では、玄関ドアに付いていることが多い新聞受けは、電池式の盗聴器が仕掛けられやすい場所。ドアの外から盗聴器をセットでき、電池交換もできるからです。

盗聴器発見アプリなしでも見つかる場所6つめは「テーブルの裏側」。家に自由に出入りができると仮定すると、盗聴器のみならずボイスレコーダーをテーブルの裏側に貼り付けるケースも考えられます。

■「盗聴器」おすすめ記事
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器の調査は「117」の時報を流すと一石二鳥
アプリで盗聴器と盗撮カメラを発見するプロ機材
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事