ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

動体検知のほか気温の変化も知らせる防犯カメラ

家庭用防犯カメラがどんどん進化しています。動体検知でスマホに異常を知らせるだけでなく、音や気温・湿度など5つのセンサーを搭載した防犯カメラは、センサーの動作範囲を自分で設定可能。防犯カメラとして以外にも、ペットの見守りや介護などにも利用できるでしょう。


スポンサーリンク
動体検知のほか気温の変化も知らせる防犯カメラ

防犯カメラの検知感度も調整可能

アイ・オー・データ機器の「Qwatch TS-WRLP」は、動作検知・人感・音・気温・湿度の5つのセンサーを備えた防犯カメラ。遠方に住む家族の見守り、外出先からペットや子どもの様子を確認など、さまざまな用途での使用に長けています。

動作検知、人感センサー、音センサー、気温・湿度センサーが検知すると、防犯カメラがスマホに通知。録画した映像を確認できます。もちろんカメラを通じた会話も可能なので、どこからでもすぐに声かけが可能です。

センサーの動作範囲の指定もできます。例えば、動体検知は場所を指定可能。指定した範囲に変化があると、知らせてくれます。感度も調整できるなど、他機種よりも一歩進んだ設定が可能です。

気温・湿度センサーをセットすれば、指定した温度を上回ったり下回るとスマホに連絡が来るというわけ。ペットだけでなく介護などにも便利な機能といえます。

防犯カメラが前後15秒間の映像保存

フルHDで200万画素の撮影に対応し、高感度C-MOSセンサーにより薄暗い場所も色鮮やかに映し出します。明るい部屋では自然な色合い。本棚の本のタイトルまで認識可能でした。暗い部屋ではナイトビジョンモードで明るくカラーで撮れます。

センサーが感知すると防犯カメラが即スマホへ通知し、前後15秒間の映像を本体にセットしたmicroSDカードに保存。犯罪だけでなく、火事やエアコン故障などの思わぬトラブルから大切な人と住まいを守ってくれます。

対応アプリは「QwatchView」で、App StoreとGoogle Playから入手可能。解像度/フレームレートは1920×1080ドット/30fps、記録メディアはmicroSDカード(最大64GB)です。電源はACアダプター、サイズ/重さは97W×97H×39Dmm/155gとなっています。実勢価格は17,064円です。

■「防犯カメラ」おすすめ記事
防犯カメラ映像が無料アプリでスマホで見られる
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
防犯カメラの設置費用はプロがやるといくら?

■「監視カメラ」おすすめ記事
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
監視アプリ「Android Lost」でスマホ遠隔操作
監視カメラ映像はレンズに光を当てると映らない

■「カメラ」おすすめ記事
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事