ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ブルーインパルスのスモーク浴ができる場所とは

日本で一番有名な航空自衛隊基地といわれるのが松島基地です。東日本大震災の被災から復活したことはもちろん、第4航空団飛行群・第11飛行隊、通称「ブルーインパルス」のベースとして、さまざまなメディアに登場しています。過去にはアラート部隊が所属したこともありますが、基本的には戦後から訓練部隊の基地として成長してきました。


ブルーインパルスのスモーク浴ができる場所とは

ブルーインパルスの訓練は公式サイト

松島基地には現在、F-2戦闘機のパイロットを養成する航空教育集団第4航空団・第21飛行隊が所属しており、F-2Bによる訓練飛行が日々行われています。

一方、ブルーインパルスの基地上空訓練は、基地公式Webサイトで公表されており(毎週金曜夕方に翌週分を発表)、これを参考に多くのファンが基地周辺に詰めかけます。

基地周辺にはいくつもの撮影ポイントがあるのですが、中でも人気なのはブルーハンガー横の防潮堤。ハンガー前のエプロンに整列した機体やパイロットの様子が見られ、また基地上空訓練のショーセンター(展示飛行の基準点)となることが多いため、訓練飛行が見やすいというのもメリットです。

ブルーインパルスの貴重なスモーク浴

ここから歩いて行ける滑走路端の休耕田付近は、滑走路07運用時に5番機の離陸で、「ローアングルキューバン」が行われた時には、ブルーインパルスのスモーク浴ができる貴重な(?)ポイントになります。西側にあるタワー下ポイントは、タキシングの様子を間近で見られるので人気です。

航空祭でブルーインパルスが展示飛行する時は、プリタクシーチェックからフライトまで周波数を変更しないのですが、基地上空訓練では「松島GND」→「松島TWR」と、通常の航空管制と同じ流れで周波数を変更。離陸前に316.000MHzの「松島RDR」に変更し、この周波数で訓練を行います。

基地上空の訓練以外に、金華山沖の空域で訓練を実施することもあり、この際は316.000MHzを使用する場合と、GCIに変更する2通りがあります。このほか、ボールチャンネルを使うこともありますが、使用頻度はそれほど高くないようです。

■「ブルーインパルス」おすすめ記事
ブルーインパルスのパイロットが使う周波数は?
ブルーインパルスのパイロット同士の交信を聞く
ブルーインパルスの1~6番機の役割を理解する
ブルーインパルスの編隊長の無線は絶叫系が多い

■「航空無線」おすすめ記事
戦闘機のパイロットが使う秘密の航空無線とは?
航空無線の周波数を切り替えながら航空機は離陸
5千円以下で買える小型ラジオで航空無線を受信
エアーバンドが楽しめる5千円ラジオの感度は?

■「航空祭」おすすめ記事
小松基地航空祭は戦闘機のフライトデモが目玉

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事