ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

GPSロガーで探偵はターゲットの足取りを追跡

GPSロガーとは、位置情報を受信して記録する装置。ハイキングやドライブなどでも使われます。GPSロガーは簡単に所在が分かるため、探偵が尾行や追跡といった調査でも使われるようです。GPSロガーの中でも好んで使用されているのが「GT-600SET」。GPSロガーを詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
GPSロガーで探偵はターゲットの足取りを追跡

GPSロガーがあれば足取りが丸見え

社員がサボってないか、恋人が浮気をしていないか…GPSロガーの「GT-600SET」があれば足取りが丸見えです。電源がオンになるとGPSを検知して位置情報を収集。PCの専用ソフトで情報を解析できます。

GT-600SETは、移動・距離・速度など複数のデータを確認できる上、小型でセッティングしやすいのが魅力です。サイズは46W×41.5H×15Dmmで、重さは37g。実勢価格は10,584円です。

GPSロガーの使い方は、まず本体のボタンを押して赤・青が点灯すればGPSを検知したということ。これでログを取り始めます。これを車内などにこっそり設置しておくわけです。

GPSロガーを車体の下部にセット

超強力マグネット付きの専用ケースを3,000円で購入すれば、GPSロガーを車体の下部にセットすることも可能。750mAhリチウムイオン充電池を搭載していて、稼働時間は最大240時間となっています。

専用ソフトはダウンロードしたらウィザードの指示に従ってインストール。ランニングなどのカロリー計算も使えるようになっているので自身のデータを登録します。これで初期設定は完了です。

GPSロガーは回収後、付属する専用USBケーブルでソフトを導入したパソコンと接続。すると、GPSのログをダウンロードして各種情報が表示されるというわけです。操作画面で「詳細を示す」をクリックすると地図が時系列で表示されます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事