ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

腕時計型カメラの映像をスマホからモニタリング

パワハラやセクハラの現場を証拠としてこっそり撮影するなら、常に身に付けられる腕時計型カメラが好都合です。しかも、スマホ連携機能も搭載されているので、腕時計を離れた場所にセットすればスマホでモニタリングしながら撮影できます。腕時計型カメラについて詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
腕時計型カメラの映像をスマホからモニタリング

腕時計型カメラがスマホで操作可能

パッと見は某人気腕時計のようですが、スマホと連携して遠隔撮影ができる小型カメラがアキバガレージの「ABC-CAS10」です。スマホに専用アプリ「HDMiniCam」を入れ、カメラの電源をオンします。

あとは、Wi-Fi設定で接続すればスマホで操作が可能。パソコンを用意することなく、画角や撮影状態を手元のスマホで確認できるというわけです。なお、撮影した映像は、保存先をスマホかカメラ本体の内蔵メモリで選択できます。

専用アプリでスマホと接続するには、スマホのWi-Fi設定で「CMS」で始まるネットワークに接続。腕時計型カメラをデスクの上にさりげなく置いておけば、そのまま監視カメラとして使用することが可能です。

腕時計型カメラに赤外線LED搭載

カメラレンズがセットされているのは文字盤の6時の位置。4時と5時、7時と8時の位置には赤外線LEDも搭載しています。赤外線LEDをオンにすれば、真っ暗闇でも撮影できるのです。

実際に腕時計型カメラをデスク上にセットして撮影してみたところ、小型カメラが仕込まれていることにターゲットはまったく気づきませんでした。離れた場所からスマホで遠隔操作できるのもうれしいところです。

腕時計型カメラの画解像度は1920×1080ドット、記録メディアは内蔵メモリ8GB、保存形式はAVIです。電源は内蔵リチウム充電池、サイズ/重さは50W×45H×17Dmm/80g。実勢価格は18,800円となっています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事