ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

赤外線ライトでバレることなく暗視撮影できる原理

暗視撮影には赤外線(IR)ライトが有効です。目に見えない赤外線をライトで照射することで、誰にもバレることなく暗視撮影することができます。なかでも「C-LIGHT」は赤外線LEDを利用して、単3形乾電池×4本で動く赤外線ライト。持ち運びが簡単にできる赤外線ライトなので、自由に暗視撮影ができます。


赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視

赤外線ライトは人間にバレることはない

赤外線撮影はスケスケの透過撮影だけではありません。暗い場所から被写体には見えない赤外線ライトで照射して行う暗視撮影も得意とします。

この暗視撮影を確実に行いたい場合は、赤外線ライトを用意しましょう。赤外線ライトはライトとも呼ばれます。IRとは「InfraRed」の略で、Infraは「下」を意味する接頭辞、すなわち「赤より下=赤より外=赤外線」という意味です。

人間の目に見える可視光線は「紫・青・水色・緑・黄・赤」までの範囲。紫より波長が短くなると紫外線で、赤より波長が長くなると赤外線となります。

赤外線ライトだけ感知するカメラで暗視撮影

紫外線も、赤外線も人間の目には見える可視光線の外側。このため、赤外線ライトの照射は人間にバレることはありません。今回、赤外線ライトの光源として使ったのが、サンメカトロニクスの「C-LIGHT」です。

赤外線ライト「C-LIGHT」が使用している赤外線LEDはガリウム砒素狭指向性タイプ43灯。43灯の赤外線ライトは人間の目には見えません。

ここで、夜間に赤外線を感知できるカメラで赤外線ライト撮影をすると、赤外線の反射を捉えて暗視撮影ができるというわけ。これが赤外線ライトによる暗視撮影がバレることなくできる原理です。


赤外線ライトは持ち運びが簡単にできる設計

赤外線ライトの波長は940nm。赤外線ライトのサイズは37W×73H×79Dmmで、重さは317gです。赤外線ライトの実勢価格は24,840円となっています。

赤外線ライトのC-LIGHT最大の特徴は単3形乾電池×4本で動くこと。持ち運びが簡単にできる赤外線ライトなので、どこでも自由に赤外線を照射できます。

被写体に赤外線ライトを当てて撮影すると、スポットライトのように赤外線が丸く照射されました。赤外線ライトの有効距離は5mです。

■「赤外線ライト」おすすめ記事
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る

■「赤外線」おすすめ記事
赤外線カメラに改造されたLUMIXを使ってみた
赤外線カメラで透視や暗視ができるメカニズムとは
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした

■「暗視」おすすめ記事
暗視スコープなら完全な暗闇でも視認ができる
FLIRは熱エネルギーを感知する暗視スコープ
暗視スコープに歴史アリ…3つの世代の特徴とは
暗視スコープ新世代はなんとカラー撮影ができる
スマホが暗視カメラになる「Seek Thermal」
隠しカメラになるUSBメモリは暗視撮影も可能

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事