ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

手荷物検査で不審がられない受信機セッティング

イヤホンアンテナ機能を作動すれば、ポケットラジオのように見えるアルインコの受信機「DJ-X7」は、潜入受信の際にも大活躍してくれます。手荷物検査が実施されるセキュリティが厳しい施設はいろいろありますが、そんな場所こそ警備無線をはじめとする面白い無線が数多く飛び交っているものです。


手荷物検査で不審がられない受信機セッティング

DJ-X7をラジオ放送の周波数にセット

たとえ手荷物検査が厳しくとも受信家としては怯まず、安全に受信を楽しみたいもの。そんな時、潜入のお供として役に立ってくれるのがDJ-X7。メイン機となる受信機は持参せず、ポケットラジオっぽいDJ-X7だけをカバンに忍ばせておきます。

カバンを開けて中を警備員に見せる程度の手荷物検査であれば、不審がられることはまずありません。万が一、DJ-X7が見つかった場合でも、電源をオンにしてポケットラジオであることを主張できるように、カバンに忍ばせている時(おもしろ無線を受信していない時)は、常にFMラジオ放送の周波数にセットしておきます。

現場で受信する際はトラブル回避が最優先。受信はスマートに楽しむ趣味なのです。DJ-X7が、ストリート受信で活躍してくれるシーンは、まだまだあります。それは受信を支援する機能が充実しているからです。

DJ-X7のポケットラジオ風のルックス

その筆頭が音声反転式秘話の解読機能。イベント会場・ショッピングモール・飲食店など、街中のあらゆる場所で運用されている特定小電力無線は、まれに音声反転式秘話機能をオンにして、運用しているケースがあります。

音声反転式秘話は昔ながらの簡易な秘話機能なのですが、解読機能が無ければ内容を聞き取ることはできません。音声反転式秘話に遭遇した場合、DJ-X7の解読性能はお世辞にも音質が良いとはいえないものの、音声として聞き取れるのは大きな魅力でしょう。

鉄道で移動中の列車内でも受信を休むわけにはいきません。受信対象のメインは鉄道無線になりますが、鉄道無線の支援機能も充実。JRはもちろん、関東の私鉄無線の空線信号キャンセラーも搭載しているので重宝されます。

列車内は周りの乗客との距離も近く、周囲の目を気にすると受信機は扱いづらくなります。DJ-X7であれば、ポケットラジオ風のルックスから気兼ねなく車内でも受信を楽しめるでしょう。(文/風間大地)

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事