ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

コーヒーカップ型スパイカメラのレンズはどこ?

不倫にパワハラ、闇営業…私たちの身の回りにはさまざまなリスクが潜んでいます。誰しもがいつ何時、事件やトラブルに巻き込まれるかも分かりません。そんな“いざ”という時に強い味方になるのが、いわゆる「スパイカメラ」です。さっそく、コーヒーカップ型に擬装したスパイカメラを詳しく見ていきましょう。


コーヒーカップ型スパイカメラのレンズはどこ?

スパイカメラのレンズはカップのフタ

さまざなアイテムに擬装されたスパイカメラは、非常時の証拠撮りにピッタリ。しかも、最近のカメラにはWi-Fi搭載モデルが続々と登場し、手元のスマホで映像を確認しながら撮影可能なので、従来製品よりも的確にターゲットを捉えることができるようになっています。

コーヒーカップ型のスパイカメラ「PC-550W」は、手に持ったままの角度で撮影できるのが特徴。さらにWi-Fiでスマホとの接続にも対応しており、確実にターゲットを捉えられます。

パっと見でレンズの位置がわかりにくく、街中での尾行などで大いに活躍してくれるでしょう。実際にレンズがあるのは、カップのフタにある小さな穴です。カップの向きを変えれば、的確にターゲットを捉えられます。

フタを開けるとスパイカメラ操作部

さらに、本体のフタを回して開けると、スパイカメラの操作部が出現する設計。電源のオン/オフボタンや録画モード切り替えスイッチ、microSDカードのスロットなどが設置されています。

実際にコーヒーカップ型のスパイカメラで、1080pで撮影。2m先にいるターゲット
の顔や様子もバッチリ撮れました。さらに、汎用アプリの「PVCam Viewer」は、動体検知モードを備えています。

動画解像度は1920×1080ドットで、最低被写体照度は3.3ルクス。連続駆動時間は3時間30分となっています。記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)で、保存形式はMOV。サイズは93W×19H×93Dmmで、重さは101g。実勢価格は42,120円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事