ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ヘッドホン型のスパイカメラのレンズの位置は?

浮気調査など探偵の調査で欠かせなのが、擬装したスパイカメラです。擬装したカメラというと、メガネ型のスパイカメラなどをイメージしがちですが、最近ではさまざまなアイテムにカモフラージュしたスパイカメラが続々登場しています。そこで、意外なモノに擬装した最新スパイカメラを紹介しましょう。


ヘッドホン型のスパイカメラのレンズの位置は?

メガネ型スパイカメラ秘匿性が抜群

Wi-Fiカメラ「Grandis-EyeSP」は、ブリッジ部分にカメラを搭載したメガネ型スパイカメラ。レンズ穴が完全に隠れる仕様で、秘匿性も抜群です。Wi-Fi搭載でスマホアプリから操作できます。

動体検知モードもあり、部屋に置いて監視カメラとしても使用可能。テンプル部分に、バッテリー充電用のmicroUSB端子とmicroSDカードスロットを搭載しています。実勢価格は15,800円です。

ヘッドホン型Wi-Fiカメラ「HP-200W」は、右側のハウジングにフルHDカメラを搭載し、本体のボタン操作で撮影できます。目線の高さで撮影できるので、画角を合わせやすいのが特徴です。

ヘッドホンとして使えるスパイカメラ

ヘッドホン型スパイカメラも、スマホアプリからの操作に対応。通常のヘッドホンとしても使えるので、街中での尾行に最適なアイテムといえるでしょう。実勢価格は45,360円となっています。

スマホケース型Wi-Fiカメラ「SPX-700W」は、バッテリー内蔵スマホケースのような外観の擬装スパイカメラ。本体上部にカメラを備えており、背面のスイッチで各種操作を行えます。

スマホを操作しているような姿で前方のターゲットをナチュラルに狙えるのが特徴。動体検知機能搭載で、机などに置いておいて監視カメラとしても利用可能です。実勢価格は42,120円となっています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事