ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ペットボトル型スパイカメラが売切れ続出の理由

浮気調査や証拠撮りに欠かせないのが「スパイカメラ」です。昨今のトレンドは、カモフラージュしたアイテムの機能を備えたスパイカメラが増えていること。ペットボトルやモバイルバッテリーなど、そのまま使えて撮影ができるアイテムが続々登場しています。さっそく、ペットボトル型スパイカメラを詳しく見ていきましょう。


ペットボトル型スパイカメラが売切れ続出の理由

スパイカメラは本物そっくりな見た目

探偵がターゲットを街中で尾行したり、店内でさりげなく撮影するためには、スパイカメラは手に持っていても自然でなければなりません。そういう意味ではスマホが最も違和感がありませんが、スマホ背面にあるメインカメラをターゲットにさりげなく向けるのは意外に難しいものです。

そこで、活用されているのがスパイカメラ。本物そっくりな見た目で、周囲にバレずにターゲットを自然に撮影できます。ボールペン型、帽子型、メガネ型、ネクタイ型、ボタン型、腕時計型など、多くのスパイカメラがリリースされてきました。

そして、いま各店舗で売り切れとなっている人気のスパイカメラが「ペットボトル型」です。某美人国会議員のパジャマ姿を捕らえたスパイカメラとしてワイドショーなどで取り上げられ、当時は大きな話題となりました。

ペットボトル型スパイカメラのレンズ

その後、各セキュリティグッズショップでも、同タイプのスパイカメラを展開するようになったというわけ。ペットボトル型のスパイカメラは、海外のミネラルウォーター風や清涼飲料風デザインのラベル付きで、実際に中に液体を入れられるのがミソです。

このため、ペットボトル型スパイカメラは手に持っていても違和感なし。街中の尾行、寝室やリビングに置いての監視などでも力を発揮します。会社のデスクに置いて自分のいない時の様子を監視するという使い方をする人もいるようです。

ペットボトル型スパイカメラは、ボトルの一部に凹みがあって、そこに専用カメラユニットを装着する仕組み。その上からオリジナルラベルを貼ってレンズをカモフラージュします。価格は10000~15000円。microSDカードに録画される画質はフルHDです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事