ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Amazonで5千円で買えるスパイカメラのウラ事情

一時期、各通販サイトでは小型サイズや何かにカモフラージュした、いわゆる「スパイカメラ」の販売が規制されました。日本の販売店は、それぞれの自前のサイトで販売を強化するなど、対策を講じてきたのですが…。しかし現在、Amazonで検索すると、数多くのスパイカメラがヒットします。その現状をリポートしましょう。


Amazonで5千円で買えるスパイカメラのウラ事情

スパイカメラ=盗撮カメラではない

日本でのスパイカメラの歴史は、当局や探偵が使う調査機器として始まります。業務用だったため、性能を追求していたこともあり、価格は5万からとお高めでした。

しかし2010年代に入ると、中国製の安価な製品がネット通販などで出回り始めます。それを日本の販売店が独自にブランディングし、日本語の取扱説明書を付けるなどして1万~2万円程度で販売。それが今のスパイカメラの主流となっています。

一方、中国直輸入品もAmazonには多数出品されています。価格は1万円以下。フルHD~4K対応で5千円なんて商品も多数見つかります。これだけ安価になれば、さまざまなトラブルが起こることは容易に想像できるでしょう。

それは盗撮のカジュアル化です。業務以外で5万円以上出して特殊なカメラ機材を買う人は、盗撮師などごく限られた人でした。しかし5千円程度で買えるとなれば…。いじめやパワハラの証拠取りに使いたいというユーザーも増えますが、盗撮に悪用しようとする人が増えるのも致し方ないところでしょう。

実際にSNSでも、風俗嬢や一般のラブホテル利用者による盗撮被害&注意喚起のツイートが話題になることが少なくありません。

モバイルバッテリー型のスパイカメラ

2020年秋にTwitterで注目されたのが、モバイルバッテリー型のスパイカメラです。実際にスマホなどを充電できる機能を備えており、自宅リビングや寝室の監視などに活用されているものです。

このタイプのスパイカメラも、Amazonで5千円程度で複数見つかります。実際に購入してみた製品は、デジタル数字でバッテリー残量が表示でき、さらに指定の汎用アプリにてスマホでのプレビューも可能という代物でした。

擬装型カメラの場合、本体にディスプレイがなく、画角の確認が困難というのが長年の課題でした。それを高級な業務用カメラが、スマホとワイヤレスでつなぐことでクリアしたのです。そんなスマホ連携機能をこの価格帯の製品でも備えていることが驚きです。

容量は10,000mAh。見た目もスマートで、スマホをケーブルでつなぎ、充電しているふりをしながら、枕元などに設置しておけば、かなりの擬装度であることは間違いないでしょう。

機材に罪は無く、あくまでユーザー側の問題であるということは変わりません。しかし、こんなモノがあるという事実を知っていれば、余計なトラブルを避けることも可能です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事