ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

カギを写真から3Dプリンターで複製してみた結果

3Dプリンターが、自動車や航空機の部品製作といった実用レベルで使われるようになってきました。金属3Dプリント技術の向上によって、従来のパーツや製品作りに技術革新をもたらしています。それはカギにも及んでいて、カギの複製が簡単に行えるといわれます。カギの複製がどこまで可能かを実証しました。


カギを写真から3Dプリンターで複製してみた結果

カギは3Dデータを作れば複製できる

「基本的に撮影できる形状なら、カギは3Dデータを作成して簡単にコピーできてしまいます。一般的なピンタンブラー錠はもちろん、複製が難しいとされるディンプルキーも可能です。スキャナーによるスキャンはもちろん、写真からでもデータは作れます」。

こう語ってくれたのは、3Dプリントの最新セキュリティ事情に詳しい、アイディーアーツ株式会社の米谷芳彦代表。米谷氏によると、両面に窪みがあり複雑な形状なために防犯性が高いといわれるディンプルキーですら複製可能とのことです。

写真があれば光の届き具合で穴の大きさや深さを読み取り、複製ができてしまいます。3Dプリントキーの精巧さを調べるため、カギを実際に複製できるかを検証してみました。

カギを3Dプリンターで再現してみた

実際に3Dプリンターで再現したのは、一般家庭用のピンタンブラーキーです。ノギスで厚みや鍵山の高さなどを測定したサイズを元に3Dデータを作ってもらい、3Dプリントします。

すると、複製したカギはカギ穴には見事にフィットしました。とはいえ、素材はナノダイヤモンド配合フィラメントという樹脂で作成したため、耐久性はありません。カギを回して解錠するのには耐えられないでしょう。これが金属製だったとしたら、十分に実用可能といえます。

すなわち、ネットに何気なくアップした写真から、第三者によってカギは複製されるリスクがあるということ。また、カギをテーブルの上に無造作に置いたりするのも危険でしょう。カギが盗まれていなくても、写真を撮られて複製されてしまう危険性があるからです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事