ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

南京錠が「ピッキングツール」で解錠できる原理

南京錠やロッカーのカギを紛失して困った経験がある人は多いでしょう。わざわざカギ屋さんを呼ぶほどのことでもないため、どう対処してよいか途方に暮れた人もいるかもしれません。ここで映画やドラマのように、ピッキングでカギを開けられれば話は簡単。知っていて損はないピッキングの原理を紹介しましょう。


南京錠が「ピッキングツール」で解錠できる理由

ピッキングツールの原理を知っておく

南京錠やオフィスのロッカーのカギなどは、玄関のカギとは違ってさほど防犯性を求められないせいか、セキリュティの低いカギが多いのが現状です。キーを紛失して困った場合「ピッキングツール」を使えば簡単に解錠できてしまいます。

ただし、現在は業務として使うなど正当な理由がなければ、ピッキングツールのような特殊解錠工具の所持はNG。とはいえ、その代わりに使える日用品もあるため、ピッキングツールの原理を知っておいて損はありません。

ここでは構造の簡単な南京錠(ピンシリンダー錠)を例にして、カギの仕組みを解説しましょう。南京錠は施錠中、高さのバラバラなピンが邪魔をして内筒が回転しない状態です。

ピッキングツールのテンションの役目

純正キーのギザギザには、ピンの高さを揃えて内筒が回転できるようにする役目があります。キーをカギ穴に挿入して「ガチャガチャ」と音がするのは、ピンが上下に動いている音です。

ここで、ピッキングツールの基本構成は「ピック」と「テンション」の組み合わせ。ピックはピンを上に押しやる役目、テンションは開錠方向にカギ穴を回す力をかけるためのものです。

内筒の回転を邪魔する高さのバラバラなピンは「ピック」で弾いていると、ピンの高さが揃っていきます。通常ならピックで弾いても、ピンはバネの力で元通りになるもの。ここで威力を発揮するのが「テンション」です。

テンションで解錠方向に力がかかると、邪魔なピンがピックで外筒の方へ押しやられたまま、内筒に引っかかって戻ってこなくなるというわけ。テンションをかけていてフッと力が抜けた瞬間、南京錠のピッキング解錠成功となります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事