ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察用語で「ラジオ」が意味する犯罪名は何だ?

外部に秘密が漏れないようにしたり仲間意識を高めるために使われるのが隠語ですが、特に警察で隠語として使われる警察用語は独特。警察用語は数が多く、地域性もあります。さらには、時代とともに変化もしていく警察用語もあるのです。ここでは犯罪名を表す警察用語を集めてみました。


スポンサーリンク
警察用語で「ラジオ」が意味する犯罪名は何だ?

犯罪の文字に由来する警察用語

警察の「隠語」である警察用語は、その数がとても多いのが特徴。職務上、市民のプライバシーに立ち入らざるを得ないことが多いので、会話に警察用語を散りばめて、秘匿性を高めているわけです。

また、各都道府県警察ごとに独自の警察用語があったり、時代によっても変化します。例えば、ドラマでおなじみの、拳銃を表す“チャカ”という警察用語。これは現在では“腰道具”と呼ぶのが一般的といいます。広く知られてしまったので、隠語の意味がなくなってしまったのです。

そこで、ここではおもに警視庁を例にして警察用語の数々を見ていきましょう。よく知られているのが、犯罪の文字に由来する警察用語。窃盗・空き巣を「うかんむり」と呼ぶのは「窃」の字から来ています。

警察用語「のび」は忍びが由来

詐欺師・詐欺事件は「ごんべん」、偽造事件は「にんべん」、汚職事件は「さんずい」、強盗や強姦など「強」がつく犯罪は「ゆみへん」です。なお、強盗事件は「たたき」と呼ばれることもあります。

警察用語には、犯罪の特徴に由来するものも存在。合鍵やピックなど解錠工具のことは「ひっかけ」と呼ばれ、「ひっかけ泥棒」のように使われます。万引き常習犯は「かいもの師」といった具合です。

ユニークな警察用語では、泥棒は「のび」。「忍び」が由来になります。ダフ屋のことは「プー屋」。キップのプから来たものです。無銭飲食のことは「ラジオ」。無銭と無線をかけています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事