ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

パトカーを見たら最初にチェックすべきは赤色灯

高度な運転技能を必要とする追尾式のスピード取り締まりの場合、速度を正確に計測できるパトカーは限定されてきます。街や路上で白黒パトカーを見かけたら、最初にチェックしたいのが赤色灯です。赤色灯の形状を見れば、そのパトカーが交通取り締まり用かパトロール用かがすぐわかります。


スポンサーリンク
パトカーを見たら最初にチェックすべきは赤色灯

交通取り締まり用の交通パトカー

白黒パトカーは大きく2種類に分けられます。交通取り締まり用の交通パトカーと、パトロール用の警らパトカーです。交通パトカーを使用するのは交通機動隊。警視庁や各都道府県警にある部署で、通称「交機」と呼ばれます。

交通パトカーは排気量3,000のエンジンを搭載し車体も大きく、警らパトカーよりも足元がしっかりした仕様。250馬力オーバーの加速で接近追尾されると、夜間は特に発見が遅れ、ルームミラーに映る赤色灯の光で気づくなんてこともあります。

交通パトカーは、空力特性や重量バランスを考えてか、散光式赤色灯はルーフに直接設置。後方からの視認性を考慮していないのは、交通パトカーは違反車をパーキングエリアなど安全な場所へ誘導して、停車させるからです。

警らパトカーは現認系の違反で猛威

一方の警らパトカーの外観の特徴は、赤色灯昇降装置を搭載していること。赤色灯の下には白ボックスがあり、アームが収納されています。これは停車中のパトカーへの追突事故防止が目的。赤色灯を高く上げて遠方からの視認性を高めています。

警らパトカーは、街中を巡回し不審な人や物を見つけて捜査することが主な任務です。なかでも、警察署の管轄区域をこえてパトロールする自動警ら隊は、職務質問のプロといってもよいでしょう。

警らパトカーはエンジンは廉価版とはいえ2,500ccあるので加速はします。しかし、乗員に追尾・スピード測定の技量がないため速度取り締まりは不得手。その分、信号無視や進行方向別通行区分違反などの現認系の違反で猛威をふるってきます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事