ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反は下り坂での計測だと無効な可能性

理不尽な交通違反の取り締まりに納得がいかないという人も多いでしょう。じつは、交通違反によっては交渉の余地がある場合もあります。そこで、白バイ隊員がそっと教える交通違反の交渉術を紹介しましょう。ただし、交通違反したと認識した時は、素直に取り締まりに従うようにしてください。


スポンサーリンク
スピード違反は下り坂での計測だと無効な可能性

下り坂でのスピード違反の正確性

スピード違反の取り締まりでは、下り坂でのスピード違反の計測は正確性に欠けるもの。ここに交渉の余地があります。あまりに理不尽だと思ったら「坂落とし」という言葉を出すとよいかもしれません。

「坂落とし」というのは警察の隠語。スピードの出やすい下り坂でスピード違反の取り締まりを行うことを意味します。1980年代にはネズミ捕りの時に坂落としでジャンジャン捕まえていたエピソードもあるほどです。

一時停止違反は大抵の場合、交番勤務の警官か、ノルマを達成するべく必死な白バイ隊員がヒマしながら1人で取り締まりをしていることが多いもの。一時停止をした、していないといういい争いになっても、証拠がないので警察は立証できません。

歩行者等妨害を警察は立証できない

ただ、近くのコンビニなどの防犯カメラで実際に一時停止できていなかったか確認できてしまことも…。徹底して自身のプライドを盾に戦おうとする警察官だと、違反を立証されてしまうこともあります。

歩行者等妨害は、交差点で歩行者の通行を妨害したとみなされるクルマを取り締まること。しかし、歩行者等妨害は歩行を妨害されたという当事者が現れないと、警察はそれを立証することができません。

青キップを切られないように「妨害されたという被害者が訴えを起こさないのはおかしい」と頑なに突っぱねるのが効果的だそうです。ただし、警察官が2名以上いる場合は証人となってしまいます。「歩行を妨害した覚えはない」「歩行者が携帯電話に触れてて勝手に足を止めただけ」など、意思を固くして挑む必要があります。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事