ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

駐車禁止ステッカーは誤記入で免除になる可能性

黄色い駐車禁止ステッカー(確認標章)には「警察へ出頭せよ」とは一切書かれていません。貼られても無視していると、ナンバーから判明した車両の持ち主へ警察から「放置違反金」の納付書が届きます。さらには、駐車禁止ステッカーは誤記入で免除になる可能性があるのでした。


スポンサーリンク
駐車禁止ステッカーは誤記入で免除になる可能性

駐車禁止ステッカーの違反処理

放置違反金の金額は通常の反則金と同額。これを払えば駐車禁止ステッカーの違反処理は終了です。ところが、そうとは知らず警察へ出頭する人がいます。違反者が出頭すれば、警察は基本的に青キップを切って「反則金」の納付書を渡します。しかも、青キップを切られれば1~3点の違反点数も付いてきます。

もし「納得いかない」と裁判を起こして不起訴を勝ち取っても、駐車禁止ステッカーの放置違反金の納付命令は別途、送られて来るもの。こちらは払わないと最悪の場合、強制差し押さえなどもあるのです。

さらに、駐車禁止ステッカーはご記入で免除になることもあります。実際、駐車監視員向けの研修資料には除外されるケースを記載。そこには「監視員の書き損じが大半。車両ナンバー・場所・時刻・駐車監視員の名前…」などとあります。

駐車禁止ステッカーの確認項目

ここで駐車禁止ステッカーの項目を見ていきましょう。まず確認すべきは、クルマのナンバーを誤入力しているかどうか。その場合は、もちろん駐車禁止の取り締まりは無効になります。

違反理由にある「放置車両」とは、運転者が車両を離れて直ちに運転できない状態の違法駐車のこと。違反確認日時にある確認開始時刻はデジカメで撮影した時間。ステッカーをプリントした時刻が違反確認日時です。

違反場所も、場所が間違えて記入されていた場合は無効になります。とはいえ、住所表記などは「◯◯付近」や「××付近道路」となっており、1文字間違っていても必ず取り消しになるわけではありません。

とはいえ、路上駐車は渋滞や事故の原因となります。くれぐれも駐車禁止のステッカーが貼られることのないように、交通ルールをしっかり守りましょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事