ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

免許がない自転車にスピード違反はある?ない?

スピード違反などで気になるのが運転免許の点数でしょう。ところが、自転車には運転免許がありません。そんな自転車にはスピード違反はあるのでしょうか? また、もしスピード違反があるとしたら最高速度は何km/hになるのでしょう。自転車のスピード違反について詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
免許がない自転車にスピード違反はある?ない?

自転車は軽車両としてスピード違反

スピード違反とは、道路交通法に定められた最高速度を超えるスピードを出してしまった違反行為。正式には速度超過違反といいます。そして、最高速度を守ることを義務づけた道路交通法第22条第1項は「車両は…」という書き出しです。

この「車両」の定義は第2条第1項第8号にある「自動車、原動機付自転車、軽車両及びトロリーバス」に当たります。そして、自転車は「軽車両」(同条同項第11号)に含まれるのです。

従って、自転車も最高速度を守らねばなりません。指定最高速度が40km/hなら、自転車も40km/hを超えればスピード違反です。ただし、法定最高速度については自転車についての言及がありません。

スピード違反でなく安全運転義務違反

よって、40km/hとか50km/hとかいう道路標識等がなければ、自転車は一般道を100km/hで走ってもスピード違反で捕まることはないということ。ただし、「安全運転義務違反」で捕まる可能性はあります。

それは、道路交通法第70条に「車両等の運転者は当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」とあるからです。

なお、自転車は車両に含まれるため、道路は左側を走らなければなりません。車道はもちろん、路側帯も走るのは左側。原則として、歩道や歩行者専用道路も通行できません。自転車が通行できる歩道の場合は右側通行できますが、歩道の中央より車道側を走ることがルールとなっています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事