ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

現行犯逮捕もある路上での職務質問の手順を知る

警察官職務執行法第2条により、警察官は怪しいと感じたクルマを停止させ、職務質問する権利を持っています。しかし、あくまで任意で質問する権利を持っているだけで、捜索・差し押えなどの強制捜査は裁判所の発する令状がないとできません。ただし、職務質問の拒否でも現行犯逮捕もありえるのです。


スポンサーリンク
現行犯逮捕もある路上での職務質問の手順を知る

職務質問の拒否に対し他の違法行為

職務質問は任意のため、例えば車内を調べさせてほしいといわれても拒否はできるということ。他人に自分のクルマを見られるなど誰でも嫌でしょう。ただし、薬物の所持など他の犯罪が疑われる場合は事情が異なります。

このため、職務質問の拒否に対し、他の違法行為をこじつけることがあるのです。自分に何も非がなければ乗車したまま免許証を見せて堂々とすれば、大抵の場合やり過ごせるのが通常ではあります。

かなり特殊な例ですが、拒否し続けると他の嫌疑で現行犯逮捕されることもあるのです。最悪の場合、窓ガラスを破壊されることもあります。そこで、自動車警ら隊が路上で実際に行っていた職務質問の手順を見ていきましょう。

路上での職務質問は身元の確認から

警察の管轄区域を超えて全域を警らする自動車警ら隊は、街中を巡回し不審な人や物を見つけて捜査することが主な任務。いわば職務質問のプロです。

路上での職務質問は、まずは「身元などの確認」から行います。車外に出てこない運転手に免許証を提示させるなど事情聴取を実施。提示しない場合、現行犯で逮捕もありえます。

続いては「所轄の幹部への連絡」です。明らかな犯罪以外、自ら隊には送致権がないため管轄警察署の幹部の判断を仰ぐ必要があります。そして「違法性なしと判断して退散」となりました。盗難車ではないことなどが分かり退散。ここまでの所要時間は約1時間でした。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事