ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通取締り用の覆面パトカーの外観に大きな変化

覆面パトカーも白黒パトカーも圧倒的に多いのがトヨタ・クラウン。覆面パトカーの主流は200系クラウンですが、210系クラウンも見かけるようになっています。じつは210系になってパトカーの外観に大きな違いが現れました。交通取り締まり用の覆面パトカーの外観も大きく変わったのです。


スポンサーリンク
交通取締り用の覆面パトカーの外観に大きな変化

覆面パトカーもアスリートを採用

これまでのクラウン白黒パトカーは、交通取り締まり用とで無線警ら用で同じロイヤルをベースに、エンジンをそれぞれ3,000ccと2,500ccとしていました。このため、車体のデザインはほぼ同じ。赤色灯の下にある白いボックスがあるかないかで判別するのが一般的です。

それが210系クラウンからはロイヤルに2,500ccまでしか設定がありません。このため、交通取り締まり用には3,500ccの設定のあるクラウンアスリートを使用。フロントグリルなど外観上のデザインが大きく違っているのです。

そして、交通取り締まり用の覆面パトカーもこれに準じて、210系クラウンではアスリートを採用しているというわけ。今後は外観がかなり攻撃的なデザインとなったクラウンの覆面パトカーが続々と投入されることになります。

このほか、3,500ccのエンジンを搭載するトヨタ・マークXも覆面パトカーに採用されています。交通取り締まり用の覆面パトカーの外観は、どんどんコワモテになっていくという大きな変化がおこっているのです。

覆面パトカーのフタの確認は難しい

そんな覆面パトカーを見分けるポイントは、ますます難しくなっているのが現状。外観で一般車と違っているのは、フロントグリル内の前面警光灯とルーフ上にある反転式赤色灯のフタです。

覆面パトカーの前面警光灯は追尾中やスピード計測中に点灯しますが、ふだんはよく目を凝らさないと確認できません。また、ルーフ上にあるフタも運転席が高いクルマからは確認可能ですが、乗用車から確認するのは難しいでしょう。

このほか、リアウィンドウの上に設置されたチョンマゲ型のユーロアンテナも覆面パトカーを見分けるポイント。ただし、都道府県警には屋外にアンテナを設置していないケースもあります。

その意味では、覆面パトカーに搭乗している青い制服の男性2人がもっとも見分けやすいポイントかもしれません。ヘルメットをかぶって搭乗していることもあるので、追い抜くときの車内に注目してみましょう。

■「覆面パトカー」おすすめ記事
覆面パトカーの見分け方はルーフ上にあるフタ
覆面パトカーでもマグネット式赤色灯なら捜査用
覆面パトカーが張り込みに使われることはない
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
覆面パトカーは大型トラックの前で身を潜める
覆面パトカーの見分け方「ユーロアンテナ」とは

■「パトカー」おすすめ記事
パトカーは自動車警ら隊と所轄で違っている
パトカーの見分け方!同じ車種でまったく違う!!

■「取り締まり」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事