ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

覆面パトカーは大型トラックの前で身を潜める

年間10万kmを走る猛者たちが高速隊の覆面パトカーです。高速道路で取り締まる覆面パトカーはスピードが出ているだけに、車内は緊張感あふれるハズ。そこで、高速道路交通警察隊の高速隊OBが語る覆面パトカーの内部の様子を紹介しましょう。



スポンサーリンク
覆面パトカーは大型トラックの前で身を潜める

覆面パトカーは大型トラックの前

高速隊の覆面パトカーは第1通行帯を大型トラックの前で身を潜めて走っています。前を見ながらも、追い上げてくる違反車がいないか後方警戒。第2通行帯を走っているクルマも携帯電話を使っていないかとか、チェックしているのでムダ口は少ないといいます。

覆面パトカーはもし速度違反車を見つけてもすぐに車線変更をして追い上げていくと気づかれるもの。このため、間合いをとってから車線を変更して追尾します。

しかし、覆面パトカーは80km/hで走っていたわけですから、150km/hで走っている違反車に追いつくためには、相手以上のスピードを出さないと追いつけません。そうなると事故ることもあります。

覆面パトカーの取り締まりテクニック

覆面パトカーの取り締まりの現場

覆面パトカーの内部は新人が入ってくると、ベテランがハンドルを握りながらいろいろ教えます。取り締まりの現場というのはケースバイケース。なので、いろいろ見せて取り締まり方を覚えさせます。

昔は一切教えないで「見て覚えろ!」という職人気質の人もいました。高速隊の覆面パトカーに限らず、警察組織の中でも“隊”が付く部署は体育会系というか、現場での先輩後輩の関係がハッキリしています。

それは階級を超えてしまうこともあるんです。新任の分隊長が来ても、隊内では古参の隊員の方が上なんです。他の隊員たちも、新任の分隊長には簡単には従いませんからね。ここでは俺たちが1番だという自負があるのです。この情報は『ラジオライフ』2015年2月号に掲載されていました。

■「覆面パトカー」おすすめ記事
覆面パトカーが張り込みに使われることはない
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
覆面パトカーの見分け方はルーフ上にあるフタ
覆面パトカーでもマグネット式赤色灯なら捜査用

■「パトカー」おすすめ記事
パトカーは自動車警ら隊と所轄で違っている
パトカーの見分け方!同じ車種でまったく違う!!

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事