ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービスと監視カメラを見分けるポイントとは?

路上に仕掛けられているオービスとは、スピード違反者を自動で撮影するカメラの総称です。ただし、路上にはさまざまな監視カメラも設置されています。不審なカメラを見つけるたびにオービスと勘違いしてブレーキを踏んでいてはかえって危険です。オービスと監視カメラを見分けるポイントを紹介しましょう。


スポンサーリンク
オービスと監視カメラを見分けるポイントとは?

オービスを見分けるため特徴を把握

路上には「Nシステム」「Tシステム」「ETCカメラ」といった多様な監視カメラが設置されています。一方、現在設置されている主要なオービスは4種類。「レーダー式オービス」「Hシステム」「ループコイル式オービス」「LHシステム」です。

ちなみに、Nシステムは通過車両のナンバープレートを撮影している警察の監視カメラ。Tシステムも通過車両のナンバープレートを撮影しています。交通状態の管理が目的で、管轄は国土交通省です。ETCカメラは車載のETC端末と連動して、ドライバーの顔やナンバーなどを撮影。悪質な車両のデータは警察へ供出されます。

そんな監視カメラとオービスを見分けるには、4つのオービスの特徴を把握しておかなければなりません。仮にレーダー探知機を車載していても、新設されたばかりのループコイル式やLHシステムのオービスは、GPSが登録されていなければ反応しないケースもありえます。その時は、自らの知識が頼りになるからです。

レーダー式オービスは、向かってくるクルマにレーダー波を発射し、その反射から車速を測ります。違反車両は、その先の路肩や中央分離帯に設置されたカメラで撮影。老朽化のため、LHシステムなどへの置換が進んでいます。古いレーダー探知機でも反応するオービスです。

Nシステムと紛らわしいオービス

Hシステムは、正方形の白い“はんぺんアンテナ”が特徴で、正式名称は「高速走行抑止システム」といいます。この手前に、警告用の電子掲示板が設置されており、速度超過車両に1度警告。それを無視した悪質な車両を取り締まります。阪神高速道路に初めて設置された時は丸型アンテナでした。“H”は“阪神”が由来です。

ループコイル式オービスは、アスファルト内にループコイル(静電容量センサー)を3.45m間隔で埋設し、インダクタンスの変化で車速を計測。違反車両はその先にある撮影ポイントで、赤外線ストロボとカメラで記録する仕組みです。

LHシステムは“ループコイル(Loop Coil)式”の“Hシステム”が名前の由来。Nシステムなど路上カメラと特に紛らわしいオービスですが、赤色灯付きのボックスがあるかどうかで容易に見分けられます。また、撮影ユニット数が車線数を超えないのも特徴です。

なお、オービスが設置されている道路には、手前に警告看板があるのが通例。管轄の警察本部によって文言は異なりますが、「自動速度取締機設置路線」などという看板を走行中に見つけたら設置の目印です。心の準備しておけば、難なくオービスを見極められるでしょう。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事