ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察官は警棒が左腰で拳銃が右腰と決まっている

制服警察官が外勤の時に身につけるのが「帯革」です。ズボン用ベルトとは違い、腰回りの装備品専用の分厚い革ベルト。「たいかく」と読みます。旧制服では警察マスコットのピーポくんのような斜めストラップがありました。帯革に吊り下げられる警察官の装備品について見ていきましょう。


スポンサーリンク
警察官は警棒が左腰で拳銃が右腰と決まっている

警察官の警棒は左腰で拳銃は右腰

警察官は帯革に拳銃・警棒・手錠を吊り下げて腰に巻きます。ほとんどは本革製の黒で、帯革止めというストラップが付属していて、これでズボンのベルトとつなぐ仕組み。バックルには旭日章の紋章が刻印されています。

装着品の位置は決められており、警棒は左腰、手錠は背中、拳銃は右腰。これは右利きの人はもちろん、左利きの人でも同じになります。ちなみに、白バイ隊員といえども拳銃や手錠、警棒などの携行品は同じです。

警察官が右腰に装備する拳銃はニューナンブやM37を経て、現行モデルは国産の「サクラ」という銃。S&W社製の5連発リボルバーです。

背中に装着する手錠は、一般警官は鎖が2コマのタイプを携帯。銀色の旧型はニッケル合金で重い一方、現行タイプは軽量なジュラルミン製。重さはほぼ半分になりました。ちなみにここ数年でロック穴が10穴→14穴に増えています。

金属製の伸縮式警棒が一般装備

手錠のカギは共通品です。頭部にある出っ張りはカギ穴とは別のロック穴用のもの。手錠ケースは、全体を覆うように収納する旧タイプと比べ、フラップが小さく手錠が取り出しやすいのが現行タイプの特徴的です。

左腰に装着する警棒はかつては木製でしたが、今では金属製の伸縮式警棒が一般装備。41型警棒が最も古いタイプになりますが、私服警察官や交通機動隊ではまだ現役です。ただし1発殴っただけで曲がってしまいます。

アルミ製の53型警棒も耐久性には疑問が残っていました。そこで2006年から採用されたのが2段伸縮の65型警棒。長くて重いものの強度は格段に向上しており、現場の評判も悪くありません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事