ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

職質で所持していると厄介なことになるモノとは

職質時に所持していると厄介なことになるモノがあります。注意すべきは銃刀法だけでなく、軽犯罪法や各自治体の迷惑防止条例の対象になり得るモノ。最悪の場合、警察官の独断的判断で逮捕されることもあります。特に、住居侵入に使えそうな物品の所持ほど嫌疑をかけられる傾向にあるようです。


スポンサーリンク
職質で所持していると厄介なことになるモノとは

職質ではマルチツールも狙われる

銃刀法では「刃体の長さが6cmを超える刃物を携帯してはならない」と明文化されています。その意味で、所持していると厄介なのが「カッターナイフ」。「ナイフ」や「包丁」は刃渡りが6cmを超えるので危険物扱いです。所持していることに正当な理由があれば問題ありません。

ただし、それとは別に軽犯罪法で刃渡り6cm未満でも狙われるのが「ナイフ付きのマルチツール」。刃渡り4.2cmでも“刃物の携帯”に理由が無ければアウトです。ナイフレスのマルチツールも販売されているので、購入を検討してもよいでしょう。

「工具箱」も職質で所持していると厄介なもの。職業的な理由で所持が必要の場合は問題ありません。しかし、武器や住居侵入に使えることから、必然性の無い所持者はアウトとなってしまいます。

職質でライトの携帯は連行の可能性

工具類でいえば「マイナスドライバー」も、職質時には所持していると厄介です。住宅の侵入に使われるとしてマイナスドライバーは、ピッキングツールと同じような扱いになります。ただし、プラスドライバーはセーフです。「釘抜き」は武器や住居侵入に使えるため、バール同様に窃盗団必須アイテムとなります。

「LEDライト」や「懐中電灯」も要注意。正当な理由がない限り、ライトの携帯は警察官の判断で署に連れて行かれる可能性があります。住居侵入に使われるだけでなく、武器にもなるので危険物扱いになるためです。

「防犯スプレー」も職質時には所持しないほうがベター。これは護身グッズ全般にいえることですが、携帯は軽犯罪法に抵触します。なお、自宅などでの所持するぶんにはOKです。

■「職質」おすすめ記事
職務質問は任意だが拒否し続けると現行犯逮捕!?
警察の職務質問でやってはいけないNG行動2つ
職務質問は警察官の階級章で話す相手を見極める
職質の「照会」で自分がどんな容疑かを知る方法

■「警察」おすすめ記事
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
警察官は階級で国家公務員か地方公務員か変わる
警察用語で「まぐろ」と「たたき」は何の意味?
警察官の制服は「夏服・合い・冬服」3種が基本
警察の特殊部隊「SIT」と「SAT」の違いとは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事